このブログのはてなブックマーク数 このエントリーをはてなブックマークに追加

知らなきゃ絶対損するPCマル秘ワザ

知らなきゃ損するPC情報を分かりやすくメモする個人ブログ。
『月,水,金』の週3回更新!(予定)

このブログ内をキーワードで検索することもできます。
Loading



最新記事
  • Amazon:スマホでPC版サイトを開いたらスマホ版に戻れなくなった (12/02)
  • Windows:アプリの音量が勝手に変更される (11/30)
  • かしこいかわいい新PC「エリーチカ」がやってきた(時々ポンコツ) (11/28)
  • Windows:目的毎,ファイルの種類(拡張子)毎に既定アプリを変更 (11/25)
  • Windows:ヘッドホン(イヤホン)から音が出ないときの対処法 (11/23)
  • 管理人より
    2000万アクセス突破しました。ありがとうございます。

    5年以上ブログを書いて分かった上手な文を書く9つのポイント

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    イメージ


    こんにちは、さち です。

    ブログをはじめて早5年半。
    これまで850件以上の記事を書いてきました。

    自分なりに考えて、まとめて、文字に起こす。
    これを何度も繰り返してきたので
    それはもう上手な文章が書けるようになりました!

    …なんてことはなかった。

    数日後に、記事を読み返せば
    グダグダな文章に自己嫌悪することもしばしば。
    気づいたその都度修正するようにしていますが
    記事作成時からもっと気をつけないと…。

    そこで今回は
    上手な文章をかく9つのポイントとして
    自分のブログを見直して気づいた
    ダメ文章のパターンをまとめてみます。



    まえおき

    読みやすい文とは何かを突き詰めると
    「簡潔(短い)」という結論に辿り着きます。

    話の進まない長い文なんて読みたくない。
    手短にまとめた文は分かりやすい。
    当たり前なことですが非常に重要です。

    次項からダメ文章の9つの特徴を紹介していきます。
    「簡潔」を念頭に置きながら読み進めてみて下さい。



    1. 「。(句点)」が中々出てこない

    【ダメ文章】
    偵察のため貨物船に忍び込み、対戦相手の学校へ潜入したけれど、
    途中で正体がバレてしまい、慌てて逃げつつもビデオは回し続けました。

    【修正した文章】
    偵察のため貨物船に忍び込みました。
    対戦相手の学校へ潜入したけれど、途中で正体がバレてしまいました。
    慌てて逃げつつもビデオは回し続けました。


    長い一文は続々と新しい情報が出てくるため混乱します。
    「。(句点)」は読み手が一呼吸置くポイント。
    読んだ1文の内容を理解し直し
    次の一文に向けて頭の中をリセットできる場所です。

    1文中に盛り込む話題は1つにしぼりましょう。
    「、(読点)」1個以内が理想です。
    (場合によっては「、(読点)」2個も許容範囲)
    長い文は二つ以上の文に分け「。(句点)」を付けます。



    2. 「~ですが」を連続で使う

    【ダメ文章】
    敵のフラッグ車を追うことに夢中になっていたのですが
    ふと背後を見ると別の敵車両がすぐそこに迫っていたのですが
    私たちは見事フラッグ車を撃破し試合に勝ちました。

    【修正した文章】
    敵のフラッグ車を追うことに夢中になっていたのですが
    ふと背後を見ると別の敵車両がすぐそこに迫っていました。
    しかし、私たちは見事フラッグ車を撃破し試合に勝ちました。


    「~ですが」の連続使用は強烈な違和感を生み出します。
    声に出して読むと嫌でも気付くはずです。

    こんな文章を書くわけがないと軽視しがちですが
    何度も文を修正していると
    いつの間にか「~ですが」二段構えが完成しています。

    類似ダメ文章に「~なので」二段構えがあります。



    3. 「~の」を連続で使う

    【ダメ文章】
    熊本転校生西住さんぬいぐるみ名前はボコられグマです。

    【修正した文章】
    熊本から来た転校生、西住さんが持っている
    ぬいぐるみの名前はボコられグマです。


    無意識に「~の」を連続使用するのは意外と多い。
    「~の」は連続3回以上使うと歯切れが悪くなります。
    逆に言えば、2回まではOK。

    対処法は
    ・「にある(いる)」「における」「が持っている」「に関する」等に置換
    ・省略できる「~の」を探す
    ・「~の」を使わない表現に変更



    4. 「~することができる」

    【ダメ文章】
    スロートマイクを使えばうるさい車内でも会話することができる

    【修正した文章】
    スロートマイクを使えばうるさい車内でも会話できる。


    「~することができる」の表現自体は間違いではないですが
    「~できる」「~が可能」で間に合います。

    あえて冗長化したい時,特に強調したい部分以外では
    使わない方がよいです。



    5. 接続詞「だから」「そして」「それで」

    【ダメ文章】
    操縦士の腕は確かよ。
    だから、我が校の戦車は一滴たりとも紅茶をこぼしたりはしないわ。

    【修正した文章】
    操縦士の腕は確かよ。
    我が校の戦車は一滴たりとも紅茶をこぼしたりはしないわ。


    無くても通じる接続詞は取ってしまいましょう。
    文章は起こった順番に書くことがほとんどなので
    特に順接(だから、そして、それで)は無くても通じます。

    強調のために使う接続詞はもちろんOK。
    「つまり」「しかし」は
    要点で使うと伝わりやすい文章になります。



    6. 「~と思う」「~と感じる」

    【ダメ文章】
    戦車道をやればモテモテになれると思う

    【修正した文章】
    戦車道をやればモテモテになれる。


    「~と思う」「~と感じる」を使うと
    自信がないように見えるのでなるべく使わないようします。
    「~と思う」が無くても意味は通じますからね。
    どうしても使いたいとき以外、語尾は断定形にしましょう。



    7. 意味の重複した言葉の使用

    【ダメ文章】
    一番最初の対戦相手は世界でも断トツ一位の実力です。
    今の現状のままだと私たちは到底かないません。

    【修正した文章】
    最初の対戦相手は世界でも断トツの実力です。
    現状のままだと私たちは到底かないません。


    いわゆる「頭痛が痛い」「馬から落馬」と同じ類(たぐい)。
    同じ意味を含む言葉は重複して使わないようにします。

    重複言葉の例
    一番最初 : 最初=最も初め、「一番」の意味を含んでいる。
    断トツ一位  : 断トツ=断然トップ、「一位」の意味を含んでいる。
    今の現状 : 現状=現在の状況、「今」の意味を含んでいる。
    必ず必要 : 必要=必ず要する、「必ず」の意味を含んでいる。
    違和感を感じる : 違和感=違和を感じる、「感じる」の意味を含んでいる。「―がある,―を覚える」



    8. 間違った言葉

    【ダメ文章】
    いい作戦が思いつかず煮詰まってしまった。

    【修正した文章】
    いい作戦が思いつかず行き詰まってしまった。


    時代と共に言葉の意味は変わるものなので
    厳密にこだわる必要はありませんが
    なるべく正しい意味で使った方が望ましいです。

    ただし、読み間違いが原因の漢字間違いは絶対にダメ。
    気づいたらすぐに直しましょう。

    ■よくある誤字の例(誤→正)
    無断転生 → 無断転載(むだんてんさい)
    進歩率 → 進捗率(しんちょくりつ)
    兼価版 → 廉価版(れんかばん)
    凡用性 → 汎用性(はんようせい)
    危弱性 → 脆弱性(ぜいじゃくせい)
    短形 → 矩形(くけい)
    罰線,掛線 → 罫線(けいせん)
    シュミレーション → シミュレーション(simulation)
    キャンパス[絵] → キャンバス(canvas)
    ディスクトップ → デスクトップ(desktop)
    アイチューン → アイチューンズ(iTunes)
    コーディック → コーデック(codec)
    トラジション → トランジション(transition)
    アイポット → アイポッド(iPod)


    やむおえない → やむを得ない
    いつもどうり → いつも通り(どおり)
    すいません → すみません
    考え深い感慨深い(かんがいぶかい)
    的を得る → 的を射る(いる)
    うる覚え → うろ覚え
    煮詰まる → 行き詰まる
    ※煮詰まる=十分議論し結論を出す段階



    9. スラっと読めない文

    1~8の項目は守っているのに何か読みづらい…。
    そんな時は、削れる文を探してみましょう。
    声に出して読みづらい文は黙読でも読みづらいので
    完成した文を声に出してみるのも良い方法です。

    読み詰まる可能性がある言葉は使わないようにします。
    例えば、難しい言葉や漢字は
    読み手側が知らなければ伝わらない無意味なものです。
    読むことに集中できるよう
    簡潔な言葉使いと適度な漢字変換を心がけましょう。

    解説だけで上手く伝えられない時は
    「例」や「比喩(ひゆ)」を使うと分かりやすくなります。
    「図」「表」が使える環境であれば積極的に使いましょう。
    文を簡潔にするのに役立つはずです。



    まとめ

    まえおきにも書きましたが
    上手な文とは「簡潔(短い)」であることです。
    紹介した9つのポイントの多くがこれに通じています。

    自分の文を推敲するときは
    削れるところがないか目を光らせてみましょう。
    読みやすさに大切なことは追記や補足より削除です。



    メール、掲示板、ツイッター、チャット、ブログ
    生活にインターネットが浸透したこの時代
    文を書かない日はないといっても過言ではありません。

    人のふり見て我がふり直せ。
    この記事を通して自分の文章を見つめ直してみませんか?
    上手な文を書くために私もまだまだ勉強中ですが
    この記事が少しでもお役に立てれば幸いです。


    【参考サイト】

       → 悪文と良文から学ぶロジカル・ライティング - ITpro
       → 間違えやすい日本語


    4569617360伝わる・揺さぶる!文章を書く (PHP新書)
    山田 ズーニー
    PHP研究所 2001-11

    by G-Tools










    このエントリーをはてなブックマークに追加




    管理人だけが読めるコメントにする(返信はしません)
    【お知らせ】
    • コメントは承認制です。反映に時間がかかります。
    • Yahoo!BBはスパムコメントが多いため一部規制中です。
    • URLを含む投稿はできません。必要な場合は最初のhを削って下さい。
    • 記事に直接関係ない個人のトラブルにはお答えできません。
    • Android は使ったことがないので質問を頂いても答えられません。
    • その他詳細はこちら


    モンパカより敬意をこめて
    うみのさんはじめまして。
    文章のコツ、拝見しました。文章お上手ですね。
    やはりコツを書くだけあって読みやすく、
    例題も挙げられていて納得もしやすい。
    いいブロガーをみつけたと自分をほめてやりたい気分です。(^^)

    さてさて初めてのコメントから恐縮なのですが、
    うかがいたいことがあるんです。
    ブログを頻繁に更新するとき気になるネタのストック。
    もう長年ブロガーをつづけるために、うみのさんが使うコツを。
    いかにして週3回更新するのか。

    私などはすぐにストックがなくなる。
    ネタ探しが苦痛になる。
    そして、やめる。

    という過程をたどっただけあって、うみのさんに興味があるんです。
    モンパカ | 2015/11/16/Mon [EDIT]
    ありがとうございます。

    期待に応えられず申し訳ないですが、コツは特にないです。
    基本は週3回ですが更新しない時も普通にありますし…。
    自分の備忘録が誰かの役に立てばと思いブログをはじめたら
    いつの間にか長続きしていたという感じです。

    絶対に更新しなくちゃと気負わず
    短くてもいいから気楽に好きなことを書けば自然と続くのかも?
    苦痛ならやめても全然構わないと私は思いますよ。
    うみの さち | 2015/11/18/Wed [EDIT]



    記事別の週間アクセス数ランキングです。こちらの記事もぜひ読んでみて下さい。

    2008-2016 知らなきゃ絶対損するPCマル秘ワザ  無断転載禁止

    ブログパーツ