このブログのはてなブックマーク数 このエントリーをはてなブックマークに追加

知らなきゃ絶対損するPCマル秘ワザ

知らなきゃ損するPC情報を分かりやすくメモする個人ブログ。
『月,水,金』の週3回更新!(予定)

このブログ内をキーワードで検索することもできます。
Loading



最新記事
  • Amazon:スマホでPC版サイトを開いたらスマホ版に戻れなくなった (12/02)
  • Windows:アプリの音量が勝手に変更される (11/30)
  • かしこいかわいい新PC「エリーチカ」がやってきた(時々ポンコツ) (11/28)
  • Windows:目的毎,ファイルの種類(拡張子)毎に既定アプリを変更 (11/25)
  • Windows:ヘッドホン(イヤホン)から音が出ないときの対処法 (11/23)
  • 管理人より
    2000万アクセス突破しました。ありがとうございます。

    Photoshop Elements でRGBチャンネルを使う

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    イメージ


    こんにちは、さち です。

    Photoshop CS で使えるRGBチャンネル
    残念ながら Photoshop Elements(以下:pse) には
    そのような機能はありません。

    講座でもよく活用される機能なので
    pse でも同じようなことができないかなと思ってしまいます。

    そこで今回は、
    バージョン「7」以降に実装されたアクション機能を使うことで
    pse でもRGBチャンネルのような機能を使う方法について
    書いていきたいと思います。



    アクションファイルの導入

    まずは、pse のアクション機能で利用できる
    「アクションファイル」を導入します。

    1. pse を起動している場合は終了しておきます。

    2. 亜夢世界様のページにアクセスします。

    3. ページ中央あたりにある
      「Elements7~10対応アクションファイルセット」をダウンロードします。
      操作画面

    4. ダウンロードしたzipファイルを解凍すると
      「@機能補完.atn」ができるはずです。
      これを pse の「actions」フォルダに入れましょう。
      フォルダは通常下記の場所にあります。

      WIndows XP
      C:\Documents and Settings\All Users\Application Data\Adobe\Photoshop Elements\xx.x(バージョン)\Locale\ja_JP\Workflow Panels\actions
      Windows Vista 以降
      C:\ProgramData\Adobe\Photoshop Elements\xx.x(バージョン)\Locale\ja_JP\Workflow Panels\actions
      Mac OS
      ライブラリ/Application Support/Adobe/Photoshop Elements/xx.x(バージョン)/Locale/ja_JP/Workflow Panels/actions

      操作画面

    これでアクションファイルの導入は完了です。
    さっそく使ってみましょう。



    実際に使ってみる

    実際にアクションファイルを使用してみます。
    この画像を例として見ていきましょう。
    操作画面

    下記の手順ではバージョン「7」を使っています。
    8以降では少し異なる部分もあるかもしれません。

    1. 右上の「ガイド」を選択。
      操作画面

    2. 「アクションプレイヤー」を選択。
      操作画面

    3. 上から順に「@機能補完」、「透明RGB」を選択し
      「アクションを実行」をクリックします。
      操作画面

    4. アクションが実行され新しいキャンバスが作成されるので
      「ガイド」モードを終了して「標準」モードの編集に戻ります。
      「R」「G」「B」と黒色の「背景」、4つのレイヤーができているはず。
      操作画面

    5. 赤色成分(赤色のチャンネル)のみを表示してみましょう。
      「R」と「背景」のレイヤーのみを表示すればOKです。
      操作画面

    6. 赤色のチャンネルはこんな感じ。
      操作画面

    7. 緑色、青色の成分(チャンネル)も同様の操作で見られます。
      3つのチャンネルをスクリーンで黒色に合成すると原画像になります。
      操作画面

    本来はRGBチャンネルが使えない pse ですが
    このアクションを使うことで
    擬似的にRGBチャンネルを作成できます。
    これでチャンネルを使った編集テクニックも利用可能!

    例えば Photoshop CS の講座などで見かけるこんな画像編集。
    RGB各チャンネルを少しずつズラすことでできる加工ですが
    「@機能補完」のアクションを使えば pse でも手軽にできます。
    (分かりやすいように大きくズラしてあります)
    操作画面

    これに他の編集も組み合わせるとこんな感じに。
    アナログテレビの映像のような雰囲気になりました。
    操作画面



    RGBチャンネルをグレースケールで表示する

    写真から人物を切り抜くときの
    Photoshop CS での有名なテクニックに
    RGBチャンネルをマスクとして利用する方法があります。

    マスクに使う画像はグレースケール
    いわゆる白黒やモノクロのものである必要がありますが
    前述の状態のままでは各チャンネルに色が付いています。
    この画像を加工して
    Photoshop CS のチャンネルパレットのような
    各チャンネルのグレースケール表示を作成してみます。

    1. この赤色のチャンネルを例に見ていきます。
      操作画面

    2. 赤色のチャンネルは「赤」と「黒」のみでできているので
      これを「白」と「黒」に置き換えれば解決のはず。
      操作画面

    3. 「R」のレイヤーに「透明ピクセルをロック」を適用。
      レイヤーの右端に南京錠のマークが付きました。
      操作画面

    4. 「塗りつぶしツール」を選択。
      操作画面

    5. 塗りつぶしツールの設定で
      「アンチエイリアス」「隣接」「すべてのレイヤー」チェックを全部外します。
      操作画面

    6. 「R」レイヤーを白色で塗りつぶすと
      こんな感じのグレースケール表示になります。
      操作画面

    7. 他のチャンネルも同様の操作をしていくとこうなります。
      青色のチャンネルはコントラストが高くなる傾向があるようで
      マスク用の下地画像としてよく使われるみたいです。
      操作画面

    この手順で行った
    赤色を白色に置き換える操作については
    他にもいくつか方法があります。
    自分が一番慣れているお好きな方法を使ってください。



    今回は RGB への分解について書きましたが
    「@機能補完」では CMY への分解、線画抽出機能(白色の透明化)など
    他のアクションも使用することができます。
    持っておいて損はないと思いますよ!


    【関連記事】

       → Photoshop Elements の使い方 目次

    【参考資料】

       → ガイド付き編集(アクションプレイヤー) - Photoshop Elements 10








    このエントリーをはてなブックマークに追加




    管理人だけが読めるコメントにする(返信はしません)
    【お知らせ】
    • コメントは承認制です。反映に時間がかかります。
    • Yahoo!BBはスパムコメントが多いため一部規制中です。
    • URLを含む投稿はできません。必要な場合は最初のhを削って下さい。
    • 記事に直接関係ない個人のトラブルにはお答えできません。
    • Android は使ったことがないので質問を頂いても答えられません。
    • その他詳細はこちら


    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    | 2016/08/27/Sat [EDIT]



    記事別の週間アクセス数ランキングです。こちらの記事もぜひ読んでみて下さい。

    2008-2016 知らなきゃ絶対損するPCマル秘ワザ  無断転載禁止

    ブログパーツ