このブログのはてなブックマーク数 このエントリーをはてなブックマークに追加

知らなきゃ絶対損するPCマル秘ワザ

知らなきゃ損するPC情報を分かりやすくメモする個人ブログ。
『月,水,金』の週3回更新!(予定)

このブログ内をキーワードで検索することもできます。
Loading



最新記事
  • Amazon:スマホでPC版サイトを開いたらスマホ版に戻れなくなった (12/02)
  • Windows:アプリの音量が勝手に変更される (11/30)
  • かしこいかわいい新PC「エリーチカ」がやってきた(時々ポンコツ) (11/28)
  • Windows:目的毎,ファイルの種類(拡張子)毎に既定アプリを変更 (11/25)
  • Windows:ヘッドホン(イヤホン)から音が出ないときの対処法 (11/23)
  • 管理人より
    2000万アクセス突破しました。ありがとうございます。

    エクセルのオートフィルをもっと使いこなす!

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    イメージ


    こんにちは、さち です。

    エクセルで便利なオートフィル機能。
    セルの右下をドラッグすると
    ドラッグ元のセルの内容に応じて
    後続のセルが自動入力されるアレですね。

    今回はそのオートフィルの機能を
    少し深く掘り下げてみようという記事です。

    「オートフィルでこんなこともできたのか!」
    と新たな発見があれば幸いです。


    オートフィルとは?

    Excel を使っている人は
    ほとんどの方がオートフィル機能をご存知かと思いますが
    一応簡単な説明を…。

    例えば、1, 2, 3 … と連続した数字を入力する場合
    下の画像のように「1」と「2」を選択した状態で
    セルの右下をドラッグします。
    操作画面

    すると、続きの値が自動で入力されます。
    操作画面

    自動で(セルを)満たすので「オートフィル」
    非常に分かりやすいネーミングですね。



    オートフィルは数値以外にも使える

    先程は数値を例にしましたが
    文字列でもオートフィルを利用することができます。

    例えば、こんな感じに数字と文字が混ざっている場合でも
    オートフィル機能を使うことができます。
    (数字は「01」のような打ち方でもOK)
    操作画面

    「月」なら12月の次は自動で1月になる親切機能。
    操作画面

    日付ではちゃんとうるう年にも対応。
    操作画面

    他にもこのようなオートフィルが使えます。
    操作画面

    ちなみに、数式が入力されているセルをドラッグして
    オートフィルを利用する場合は
    セルをコピーするのと同様の効果となります。
    (書式や罫線なども引き継がれる)



    「Ctrl」キーを使ってもっと便利に

    操作画面

    ある人が数値を1つだけ入力しました。
    この人は、続きをどのように入力するでしょう?

    2, 3, 4 … と連続した数値が入力されるのでしょうか。
    それとも 1, 1, 1 … と同じ数値を入力するでしょうか。
    どちらも考えられそうですよね。

    1つだけ数値を入力してオートフィルを使おうとすると
    同じようにコンピュータも悩んでしまうわけです。

    そのため、オートフィル機能では
    ドラッグ時に「Ctrl」キーを押すかどうかで
    結果が異なるようになっています。
    ちょっとしたことですが知っていると作業効率が変わるはず。

    ドラッグのみの場合は同じ数字が自動で入力されます。
    操作画面

    「Ctrl」キーを押した場合は連続した数字が自動で入力されます。
    操作画面

    ちなみに、「文字列」では
    「Ctrl」キーを押すと同じ内容が自動入力されます。
    数値の場合と反対の挙動をするので分かりづらい!
    操作画面

    書き連ねただけではイマイチ理解しづらいと思うので
    表にまとめてみました。
    何でこんな仕様にしたのかと小一時間…。

    操作画面



    自分専用のオートフィルを作る

    よく使うセルの並びは
    自分専用のオートフィルとして登録してしまいましょう。

    1. 例えば、こんな一連の並びのセルをよく使うとしましょう。
      操作画面

    2. メニューの「ツール」→「オプション」と進みます。
      操作画面

    3. 「ユーザー設定リスト」タブを選択し
      セルを描いたようなアイコンをクリック。
      操作画面

    4. オートフィルに使いたい部分を選択。
      操作画面

    5. ウィンドウ端のアイコンをクリック。
      操作画面

    6. 「インポート」をクリックするとリスト項目に取り込まれます。
      「OK」をクリックしてウィンドウを閉じましょう。
      操作画面

    7. セルの右下をドラッグしてオートフィルを利用すると…
      操作画面

    8. 自動入力されました。
      操作画面


    いかがでしたでしょうか。
    オートフィルに関する新たな発見はあったでしょうか。
    ぜひオートフィル機能を上手く活用して
    作業時間を短縮しましょう!








    このエントリーをはてなブックマークに追加




    管理人だけが読めるコメントにする(返信はしません)
    【お知らせ】
    • コメントは承認制です。反映に時間がかかります。
    • Yahoo!BBはスパムコメントが多いため一部規制中です。
    • URLを含む投稿はできません。必要な場合は最初のhを削って下さい。
    • 記事に直接関係ない個人のトラブルにはお答えできません。
    • Android は使ったことがないので質問を頂いても答えられません。
    • その他詳細はこちら





    記事別の週間アクセス数ランキングです。こちらの記事もぜひ読んでみて下さい。

    2008-2016 知らなきゃ絶対損するPCマル秘ワザ  無断転載禁止

    ブログパーツ