このブログのはてなブックマーク数 このエントリーをはてなブックマークに追加

知らなきゃ絶対損するPCマル秘ワザ

知らなきゃ損するPC情報を分かりやすくメモする個人ブログ。
『月,水,金』の週3回更新!(予定)

このブログ内をキーワードで検索することもできます。
Loading



最新記事
  • Amazon:スマホでPC版サイトを開いたらスマホ版に戻れなくなった (12/02)
  • Windows:アプリの音量が勝手に変更される (11/30)
  • かしこいかわいい新PC「エリーチカ」がやってきた(時々ポンコツ) (11/28)
  • Windows:目的毎,ファイルの種類(拡張子)毎に既定アプリを変更 (11/25)
  • Windows:ヘッドホン(イヤホン)から音が出ないときの対処法 (11/23)
  • 管理人より
    2000万アクセス突破しました。ありがとうございます。

    Intuos5が発売されるので「4」と何が違うか調べてみた

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    イメージ


    こんにちは、さち です。

    先日3/1に正式に発表された Intuos5 ですが
    3/16に発売されるそうです。

    Intuos5 が出るとなると
    Intuos4 とどう違うのかが気になるところ。

    そこで今回は、Intuos4 と比較しながら
    Intuos5 の新機能やスペックについてまとめてみます。
    Intuos の購入を考えている方の参考になれば幸いです。



    スペック

    Intuosやはり一番気になるのはスペック。
    利用者が多いと思われる Medium と Large について
    Intuos4 と Intuos5 のスペックを比較してみました。

    比較表

    「4」と「5」では描画に関する性能の変化はありません。
    変更があったのは外形寸法くらいです。
    「5」は、横が1センチほど大きく、縦と高さは数ミリ小さくなりました。
    具体的な数値は省略しますがSmallでも同じ傾向です。



    ペン

    イメージ

    公式カタログによると、Intuos4 も Intuos5 も
    対応するペンの型番は共に「KP-501E-01」です。
    つまり、ペンは「4」も「5」も同じものを使っているということ。
    だから筆圧レベルも 2048 から変化がないわけです。

    もちろん「替え芯」「ラバーグリップ」も
    「4」と「5」で型番が同じなのでこちらも流用可能。

    クラシックペン(KP-300E-01)、エアブラシ(KP-400E-01)、
    アートペン(KP-701E-01)、インクペン(KP-130-01)も
    型番が同じですし、公式ページでも
    「4」と「5」どちらでも使用可と書かれています。

    ただし、「4」には型番末尾に「01」が付かないペンもあり
    こちらが流用できるかは不明。
    (例えば、「KP-501E-01」ではなく「KP-501E」)
    週刊アスキーPLUSでは「4のペンをそのまま継続使用も可能」
    と書いているので恐らく大丈夫なのかな?



    ペンの付属品

    イメージ

    「4」で標準付属だった交換用の太グリップ(太径ラバーグリップ)は
    「5」には付属しません。欲しい人は別途購入が必要です。

    もちろん「4」を持っている場合は
    付属の太径ラバーグリップを「5」に流用できます。

    他に違いはなく、ペンスタンド(替え芯、芯抜き含む)や
    カラーペンリングは「5」にも付属します。



    マウス

    イメージ

    「4」と「5」共に、マウスの型番は「KC-100」で同じ。
    公式ページでもどちらでも使えるとなっています。
    「4」のマウスを購入した方は「5」でも使用できます。



    オーバーレイシート

    イメージ

    「5」は読取可能範囲よりもシートが大きいため
    ペンが溝に引っかからず画面端でもスムーズに描けます。

    この改良によりシートのサイズが変更されたため
    標準マットタイプのオーバーレイシートの型番も
    Intuos4 は「ACK-10011」
    Intuos5 は「ACK-10511」と異なります。
    (ただし「5」はタッチ機能なしモデルのPTK-450/650)

    「4」と「5」はペンの読取可能範囲は同じですが
    比較から分かるようにシートのサイズは大きく異なります。
    「4」のものを「5」に流用するのは難しいでしょう。
    イメージ

    シートについては
    タッチ機能ありの「5」(PTH-450/650/850)で気になる点が…。
    こちらのオーバーレイシートの交換は
    公式ページでも「修理による交換となる」と明記されており
    交換の度にワコムへ修理に出す必要があるのです。
    キャプチャ

    タッチ検出の機構が関係しているようですが
    ペンタブ本体をワコムへ送らなくてはいけないというのは
    セルフ交換ができた Intuos4 に比べて手間がかかりますね。
    【追記】 交換費用についてはこちら

    ツルツルが好きだから摩耗したシートのままでいい
    タブレットの上に紙を敷いて使ってるのでシート交換は不要
    という人は問題ないかと思いますが
    「4」以前でシート交換をしていた人は要注意。
    (紙を敷いたらタッチ機能が使えなくなる気もしますね…)
    紙を敷いてもタッチは機能するようです。

    タッチ機能なしモデルの PTK-450/650 は
    「4」までと同様に自分で交換ができます。



    ワイヤレス

    イメージ

    「4」ではワイヤレスは専用モデル(PTK-540WL)のみでしたが
    「5」は「ワイヤレスキット」としてオプションになり
    全モデルがワイヤレスで使用可能です。

    ワイヤレスキットの内容は
    送受信機セット(モジュール、レシーバ)、充電池の3点で
    これらを「5」本体と PC の USB に接続することで
    ペンタブレットを無線で使用できます。
    パッケージ内容

    「4」と「5」のワイヤレス仕様の比較は次のとおり。

    比較表

    「4」のワイヤレスは Bluetooth での接続でしたが
    相性の問題で上手く接続できないこともあった様子。
    「5」は専用キットになったので心配なさそうです。

    連続使用時間は
    タッチ機能なしモデル S/Mサイズ(PTK-450/650)では15時間
    タッチ機能ありモデル S/Mサイズ(PTH-450/650)では8時間
    Large サイズ(PTH-850)では5時間
    充電時間は全モデル6時間です。

    「4」では
    有機ELディスプレイ未使用時は18時間
    有機ELディスプレイ使用時は8時間だったので
    連続使用時間は特に伸びてはいませんが
    全サイズがワイヤレス利用できるのは便利ですね。

    ちなみに、「5」対応のワイヤレスキットの型番は「ACK-40401」。
    Bamboo のワイヤレスキットと同じなので
    そちらをすでに持っている場合は流用可能です。
    このことは公式ページにも記載があります。
    キャプチャ



    タッチ

    イメージ

    Intuos5(タッチ機能ありのモデル)では
    ペン操作以外にもタッチやジェスチャーによる操作が可能。

    タッチは2~5本の指によるジェスチャーで
    拡大縮小、スクロール、画像の回転 などができます。
    カスタマイズすればジェスチャーに特定の動作を登録可能。
    (ソフトを立ち上げたり、アンドゥ操作を行ったり 等)
    操作画面

    Bamboo にも搭載されているタッチ機能ですが
    タッチ操作時はペンを検出範囲外に出す必要があります。
    (ペン使用時のタッチ誤動作を防止するための仕様)

    Small と Medium には
    タッチ機能なしモデルも用意されています。



    ファンクションキーとディスプレイ

    イメージ

    「4」には各ファンクションキーの内容を表示する
    有機ELディスプレイがありましたが
    「5」で廃止となりました。

    代わりに、「5」では
    ボタンにタッチすると各ファンクションキーの内容が
    モニタに表示されます(エクスプレスビュー)。
    ボタンを押すとその機能が実行されます。

    「4」で有機ELディスプレイをよく見ていた人には
    視線の移動距離が短くなり作業効率が上がるでしょう。

    「4」では有機ELディスプレイ点灯時に聞こえる
    キーンという高周波音が気になる人もいたようなので
    この音に悩まされていた人には朗報ですね。

    有機ELディスプレイは廃止されましたが
    ワイヤレスキットを組み込む場所が確保されたためか
    「5」の横幅は「4」よりも少し大きくなっています。



    サイズによるラインナップの違い

    キャプチャ

    Small と Medium にはそれぞれ
    タッチ機能なし(ペン入力のみ)の「下位版」
    タッチ機能あり+ワイヤレスキット付属の「ワイヤレス版」
    タッチ機能あり+ソフト付属の「ソフト版」
    の3種類があります。

    Large には「ワイヤレス版」しかありません。
    つまり、Large はタッチ機能なしモデルがありません。

    先程も書いたように、タッチ機能ありのモデルでは
    シートの交換が「修理による交換」となるため
    交換の度にタブレットをワコムに送る必要があります。
    【追記】 交換費用についてはこちら

    これを回避するには性能がまったく同じである
    「4」の Large を購入するしかありません。
    しかし、「4」の Large サイズは在庫が少なく
    ほとんどの店で売切れている模様。
    欲しい方は早めに確保した方がよさそうです。

    エントリーユーザ向けの Bamboo でも
    大きいサイズにはタッチなしモデルがないので
    「5」も Large にタッチなしが追加される可能性は低そう。



    付属ソフト

    Intuos5のソフト付属版(Small, Medium のみ)では
    Photoshop Elements 10 が付属します。
    (他にPainter Essentials 4、Painter Sketch Pad も付属)

    別途 Photoshop Elements 10 を購入するよりお得です。



    その他

    ■表面はラバー仕上げ
    ラバー仕上げにより滑りにくくなっています。
    ワイヤレスに対応した関係上
    持ち運び、膝の上に置く場面が考慮されていますね。

    ■プレシジョンモードは顕在
    描画範囲を一時的に狭めることで
    大きいタブレットでの描き味を再現するプレシジョンモード。
    もちろん「5」でも使えます(カタログに記載)。

    ■Intuos5公式トレーラー動画
    主な機能を紹介した公式動画。


    ■Intuos5を使ったデモ(英語)
    ジェスチャー操作やワイヤレスキットの取付け手順など。




    まとめ

    ■Intuos4が欲しかったけど我慢してた人
    ペンタブレットとしての「5」の性能は
    販売されているものの中でも間違いなく最高級。

    「4」が欲しかったのだけど
    「5」が出るまで我慢していたという人は
    迷わず購入に踏み切ってよいでしょう。

    ここで悩むと
    「6」が出るのではないか、値下がりするのではないかと
    購入のタイミングを逃しますからね。


    ■すでにIntuos4を持っている人
    「5」の性能は「4」と同じで
    描き味に直接関係するような変更はありません。

    タッチ、ワイヤレスが欲しい
    最新のペンタブレットを使いたい
    「4」の調子が悪い
    などがなければ買い替える利点は少ないかも。

    ペンタブを新しくするとモチベーションも上がるので
    そういう意味で買い換えるのはアリだと思います。
    絵を描くことって結構モチベーションが大切ですからね。


    在庫処分価格の「4」を狙うのも手ですが
    「5」発表前から在庫調整がされていたようで
    すでに売り切れた店も多い様子。
    大きな値下げは期待できないでしょう。

       → Intuos5 の値段を確認してみる (Amazon)


    B007EJ7FMGタッチ機能なし
    Wacom プロフェッショナルペンタブレット
    Intuos5 Mサイズ PTK-650/K0

    ワコム 2012-03-16

    by G-Tools

    B007EJ7FNKタッチ機能あり
    Wacom プロフェッショナルペンタブレット
    Intuos5 touch Mサイズ PTH-650/K0
    (ワイヤレスキット付属)

    ワコム 2012-03-16

    by G-Tools









    このエントリーをはてなブックマークに追加




    管理人だけが読めるコメントにする(返信はしません)
    【お知らせ】
    • コメントは承認制です。反映に時間がかかります。
    • Yahoo!BBはスパムコメントが多いため一部規制中です。
    • URLを含む投稿はできません。必要な場合は最初のhを削って下さい。
    • 記事に直接関係ない個人のトラブルにはお答えできません。
    • Android は使ったことがないので質問を頂いても答えられません。
    • その他詳細はこちら


    5発売知ってショックだったけど
    4買って半年以内に新製品きたよ・・・
    だけど気になったタッチ機能はシート張り替え面倒だし、
    ペンに関する性能変化もないと。

    デザイン気に入ってるし4買って正解でした。

    n@n@Si | 2012/03/08/Thu [EDIT]



    記事別の週間アクセス数ランキングです。こちらの記事もぜひ読んでみて下さい。

    2008-2016 知らなきゃ絶対損するPCマル秘ワザ  無断転載禁止

    ブログパーツ