このブログのはてなブックマーク数 このエントリーをはてなブックマークに追加

知らなきゃ絶対損するPCマル秘ワザ

知らなきゃ損するPC情報を分かりやすくメモする個人ブログ。
『月,水,金』の週3回更新!(予定)

このブログ内をキーワードで検索することもできます。
Loading



最新記事
  • Windows:スリープ復帰時のパスワード入力をやめる (12/07)
  • Windows:ミス激減!チェックボックスでファイルを複数選択する (12/05)
  • Amazon:スマホでPC版サイトを開いたらスマホ版に戻れなくなった (12/02)
  • Windows:アプリの音量が勝手に変更される (11/30)
  • かしこいかわいい新PC「エリーチカ」がやってきた(時々ポンコツ) (11/28)
  • 管理人より
    2000万アクセス突破しました。ありがとうございます。

    「USB」に関する知っていると役立つ豆知識

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    イメージ


    こんにちは、さち です。

    先日、GIGAZINEのこちらの記事を見ました。
    USBコネクタの形状を上下対称にしないことで
    接続時に向きを間違えないようにするという内容だったのですが
    実はこのようなことをしなくても
    接続方向を間違えずにUSBを挿せる方法もあります。

    ちょっとした知識なのですが
    知っているか知らないかでは大違い!
    覚えておいて損はないと思います。



    Wikipedia にも書いてある

    今回紹介するのは Wikipedia にも書いてある内容です。
    端子形状・方向

    USB A端子はその端子を正面から見るといずれの側からも単なる長方形となっており、接続するための裏表を間違う事がある。実際にはオス側(穴のある側)表面にかかれているUSBのマークにより判断が可能だが、それを利用者が意識せず逆差ししてしまう事態もありうる。
    Wikipedia より引用

    さらっと書かれていますが
    これは無視できないポイントだと思います!

    「オス」というのは挿し込む側のコネクタのことですね。
    つまり、普段私達が手にしているのはほとんどが「オス」です。
    何でオスというのか?
    し、知りませんよそんなこと!



    検証してみる

    Wikipedia によると
    「オス側(穴のある側)表面にかかれているUSBのマークにより判断が可能」
    とのことでしたが、文章だけではイマイチよく分からないですよね。
    そういう時は実際の USB を見てみるのが一番。

    こちらは iPhone に付属してきた USB ケーブル。
    USBケーブル

    「USBのマーク」がありますよね。
    このUSBのマーク、裏表両側にありそうにも思えますが
    実はオモテ側にしか書かれていません。

    「USBのマーク」を上にすると
    挿し込む部分は「穴のある側」が上に来ましたよね。
    この関係を覚えれば接続時に向きを間違えることはありません。

    1本を確認しただけではあまり信ぴょう性がないので
    他のUSBケーブルも確認してみましょう。

    こちらはプリンタに付属していたUSBケーブル。
    やはりUSBマークを上にすると差し込み部分も上が空いています。
    USBケーブル

    さらにもう一例。
    こちらはメモリカードリーダに付属していたUSBケーブル。
    USBマークを上にすると差し込み部分も上が空いていますね。
    USBケーブル

    USBケーブルを接続するときは
    「USBマーク」を上にしたら差し込み部分は上が空く
    ということで間違いなさそうです。

    USBマークの法則は覚えることはできても
    空いているのか詰まっているのか分からなくなる
    という人もいるはず。
    そういう場合は、このように覚えましょう。
    Uという文字は上が空いているのです。
    覚え方

    ちなみに、メス側のコネクタは
    オス側のUSBマークを上にすれば
    挿し込めるように配置されていることがほとんどです。



    これで万全!…というわけでもなかった

    USBマークの法則を知っていれば接続方向も間違えないですね。
    では、さっそくUSBメモリを挿し込んでみま…
    え?USBマーク無いじゃん?!
    USBメモリ

    そうなのです。
    ケーブルはほぼ100%USBマークが付いているのですが
    USBメモリはデザインの関係か付いていないことがあります。

    一応、大体の製品は
    オモテっぽい方を上にすれば接続部も上側が空くのですが
    どちらがオモテと思うかは個人の感覚差が…。

    そこでもう一つだけ覚えておきましょう。
    今度はコネクタ部分に注目してみます。
    USB表裏比較

    ウラ側には金属のつなぎ目があるのです。
    USBマークがあるオモテ側にはありません。

    つまり、金属の表面がツルツルな方がオモテで
    ケーブルではUSBマークがあった方の面ですね。
    この構造はどのUSB機器でも共通しています。

    オモテの金属部分をじっと見ていると
    穴が目と口のようになっていて「顔」にも見えますよね。
    顔が見えるほうがオモテと覚えてもよさそうです。


    最初から後者を覚えればよかったのではないかという
    回り道感は否めませんね…。
    少しゴタゴタしてしまったので最後にまとめておきましょう。

    1. USBマークがある方がオモテ
    2. 金属部分につなぎ目がない方(顔に見える方)がオモテ
    3. オモテを上にすると接続部は上が空く
    4. オモテを上にして挿し込めば合っていることがほとんど










    このエントリーをはてなブックマークに追加




    管理人だけが読めるコメントにする(返信はしません)
    【お知らせ】
    • コメントは承認制です。反映に時間がかかります。
    • Yahoo!BBはスパムコメントが多いため一部規制中です。
    • URLを含む投稿はできません。必要な場合は最初のhを削って下さい。
    • 記事に直接関係ない個人のトラブルにはお答えできません。
    • Android は使ったことがないので質問を頂いても答えられません。
    • その他詳細はこちら





    記事別の週間アクセス数ランキングです。こちらの記事もぜひ読んでみて下さい。

    2008-2016 知らなきゃ絶対損するPCマル秘ワザ  無断転載禁止

    ブログパーツ