このブログのはてなブックマーク数 このエントリーをはてなブックマークに追加

知らなきゃ絶対損するPCマル秘ワザ

知らなきゃ損するPC情報を分かりやすくメモする個人ブログ。
『月,水,金』の週3回更新!(予定)

このブログ内をキーワードで検索することもできます。
Loading



最新記事
  • Amazon:スマホでPC版サイトを開いたらスマホ版に戻れなくなった (12/02)
  • Windows:アプリの音量が勝手に変更される (11/30)
  • かしこいかわいい新PC「エリーチカ」がやってきた(時々ポンコツ) (11/28)
  • Windows:目的毎,ファイルの種類(拡張子)毎に既定アプリを変更 (11/25)
  • Windows:ヘッドホン(イヤホン)から音が出ないときの対処法 (11/23)
  • 管理人より
    2000万アクセス突破しました。ありがとうございます。

    Amazonでもスマートキーワードを使えるようにする

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    操作画面


    こんにちは、さち です。

    以前、Firefox でサイト内検索を便利に使用する方法として
    スマートキーワードを使ったURLバー(ロケーションバー)からの
    検索方法を紹介しましたが
    実はこの方法、Amazon では使えないのです。

    そこで今回は
    Amazon でもスマートキーワードを使えるようにする方法について
    書いていきたいと思います。
     

    検索ワードが文字化けしてしまう

    通常の方法で Amazon にスマートキーワードを設定します。
    操作画面

    しかし、いざスマートキーワードを使い
    Amazon の商品検索をしてみると
    下の画像のように文字化けが起こってしまいます。
    操作画面

    せっかくスマートキーワードを設定しても
    これでは使い物になりません。


    解決方法

    文字化けが起こる理由は後で書くことにして
    先に解決方法を見ていきます。

    解決するには、スマートキーワードに登録するURLを
    下記のものに変更すればOKです。

    http://www.amazon.co.jp/s/?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&field-keywords=%s


    変更の手順は以下のとおり。
    1. Amazonのスマートキーワードを編集します。
      スマートキーワードのブックマーク上で「右クリック」→「プロパティ」
      と進みます。
      操作画面

    2. URL欄に元から入っているURLを完全に消去します。
      先ほど上で紹介した修正済みのURLをコピペし、「保存」をクリック。
      操作画面

    これで、スマートキーワードを使用して
    Amazon内の検索が正常にできるようになりました。
    操作画面


    文字化けが起こった理由

    この項は少し専門的な内容になります。
    文字化けの理由を知らなくても前項の方法で直せますので
    興味があるという方のみ読み進めて下さい。

    通常の方法でAmazonをスマートキーワードに登録した場合
    下のようなURLが登録されるようです。

    http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss?__mk_ja_JP=%u30AB%u30BF%u30AB%u30CA&url=search-alias%3Daps&field-keywords=%s


    文字化けは送信側と受信側の文字コードの不一致により起こります。
    URLを見渡してみた感じでは文字コードに関係しそうなのは赤字の部分。
    ここをちょっと調べてみます。

    AmazonのHTMLソースをのぞいてみると
    この部分は隠し要素によって入力されているようで
    「カタカナ」という値を送信している模様。
    操作画面

    つまり、「%u30AB%u30BF%u30AB%u30CA」は
    「カタカナ」がURLエンコードされたものということですね。
    どの文字コードでエンコードされているのかを調べてみたところ
    「Unicode」であることが分かりました。

    ということで、「カタカナ」という文字列を
    Unicode以外の文字コードでエンコードして置き換えてみます。

    Amazonのサイトは「Shift_JIS」という文字コードで作られているので
    まずは Shift_JIS にエンコードしてみました。

    http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&url=search-alias%3Daps&field-keywords=%s


    しかし、文字化けは直らず。
    気を取り直して、次は「UTF-8」でエンコード。

    http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&url=search-alias%3Daps&field-keywords=%s


    すると、文字化けが直りました。
    これで完成としても問題ないのですが
    何となくURLが長い気がしたので削ってみます。

    http://www.amazon.co.jp/s/?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&field-keywords=%s


    このURLでスマートキーワードを問題なく使用できたので完成。

    URLエンコード/デコードには下記サイトを使用させて頂きました。
    ありがとうございました。

       → URL エンコード(符号化)/デコード(復号)ツール - みんなの知識 ちょっと便利帳








    このエントリーをはてなブックマークに追加




    管理人だけが読めるコメントにする(返信はしません)
    【お知らせ】
    • コメントは承認制です。反映に時間がかかります。
    • Yahoo!BBはスパムコメントが多いため一部規制中です。
    • URLを含む投稿はできません。必要な場合は最初のhを削って下さい。
    • 記事に直接関係ない個人のトラブルにはお答えできません。
    • Android は使ったことがないので質問を頂いても答えられません。
    • その他詳細はこちら





    記事別の週間アクセス数ランキングです。こちらの記事もぜひ読んでみて下さい。

    2008-2016 知らなきゃ絶対損するPCマル秘ワザ  無断転載禁止

    ブログパーツ