このブログのはてなブックマーク数 このエントリーをはてなブックマークに追加

知らなきゃ絶対損するPCマル秘ワザ

知らなきゃ損するPC情報を分かりやすくメモする個人ブログ。
『月,水,金』の週3回更新!(予定)

このブログ内をキーワードで検索することもできます。
Loading



最新記事
  • Amazon:スマホでPC版サイトを開いたらスマホ版に戻れなくなった (12/02)
  • Windows:アプリの音量が勝手に変更される (11/30)
  • かしこいかわいい新PC「エリーチカ」がやってきた(時々ポンコツ) (11/28)
  • Windows:目的毎,ファイルの種類(拡張子)毎に既定アプリを変更 (11/25)
  • Windows:ヘッドホン(イヤホン)から音が出ないときの対処法 (11/23)
  • 管理人より
    2000万アクセス突破しました。ありがとうございます。

    coregaのルータがMACアドレスを拒否する不具合

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    coregaのルータで「MACアドレスが間違っています。」と言われる不具合を回避する方法
    操作画面


    こんにちは、さち です。

    先日、corega無線LANルータに新しい機器を登録し接続しようとしたら
    上の画像のようなエラーが出てしまいました。
    文字に書き起こすとこんな感じです。

    http://xxx.xxx.xxx.xxx のページから:
    MACアドレスが間違っています。


    何度見直してみてもMACアドレスには間違いはないので
    ルータの不具合バグ)が原因で起こっている問題のようです。

    これだと、MACアドレスフィルタリングをした状態で
    無線LANに接続できないためセキュリティ上よくありません。

    今回は、この不具合を回避する方法について見ていきます。


     

    この症状の原因

    操作画面

    上の画像のように
    新しい機器のMACアドレスをルータのデータベースに追加しようとすると…

    MACアドレスは間違っていないのにエラーが出ます。
    操作画面

    原因がさっぱり分からない!
    そこでググッてみると同じ症状を経験した方のブログを発見。
    原因も解説してくれていました、すごくありがたい。

       → コレがCOREGAルータのバグヽ(`Д´)ノプンプン - KAY(けい)兄貴のイキザマ。
       → 続・コレがCOREGAルータのバグ-解決編- - KAY(けい)兄貴のイキザマ。

    このサイト様によると
    ルータのプラグラム(JavaScript)の記述が原因だそうで
    MACアドレスの先頭の2ケタが16進数特有の値
    つまり、「A~F」を含む場合にこの症状が出るようです。
    私の場合も先頭2ケタは「5C」なのでこれが原因ですね。

    いくつかのサイトを見た様子だと
    この問題は「新型PSP」「iPhone4」「Win7搭載PC」などの
    比較的最近に発売された機器で起こっている気がします。
    (近年、先頭2ケタに A~F を含むMACアドレスが使われだした?)

    ということで、
    先程の上記サイト様のページで解説されている方法を試したところ
    無事にMACアドレスフィルタリングが有効な状態で無線LANに接続できました。
    操作画面

    ただ、この方法だと
    「パソコン名」「IPアドレス」「DHCPクライアント」は空欄になります。
    ウチでは訳あって各機器それぞれのIPアドレスは固定なので
    何とかこの欄も埋めた状態で機器を接続したい…。

    ということで、この問題の解決方法は次項へ続きます。




    強引にデータベースに登録する

    これから紹介する手順は
    ルータのプログラムの問題部分を書き換え
    無理矢理データベースに登録するという強引な方法です。

    この作業が原因でルータが不具合を起こす可能性もあります。
    私は今のところルータに不具合は起こっていませんが
    試す場合は必ず自己責任で行って下さい
    この方法を使えば先程の空欄も埋められますが
    とりあえず接続できればいいという人は行わない方がよいです。

    1. この方法には FirefoxFirebug が必要です。
      あらかじめ導入して Firefox でルータの設定画面を開いて下さい。

    2. 「DHCPサーバ PCデータベース」を開きます。
      操作画面

    3. 下側にある「追加」をクリック。
      操作画面

    4. 「右クリック」→「このフレーム」→「このフレームだけを表示」と進みます。
      操作画面

    5. 「F12」キーを押し、Firebug を起動します。

    6. <head> の横の「+」をクリックし中身の内容を表示します。
      次に、複数ある <script> の横の「+」をクリックし
      「MACアドレスが間違っています。」という文章がある <script> を探します。
      (私の場合は一番下の <script> にありました)
      見つかったらこの <script> を選択した状態で「編集」をクリックします。
      操作画面

    7. 丁度中央辺りまでスクロールすると
      「function checkData()」という記述(関数)があると思います。
      この記述より少し下(関数内)に症状の原因となる記述があります。
      操作画面

    8. 下のように「10」と記述されている部分を「16」へ変更します。
      この行の記述はルータの機種によって微妙に異なるようなので注意して下さい。
      参考にさせて頂いたページのものと私のルータとでも微妙に違っていました)
      操作画面

    9. 「編集」をクリックします。
      操作画面

    10. いつも通り、フォームに各設定とMACアドレスを入力し
      「PCデータ追加」をクリックします。
      操作画面

    11. データベースへ(強引に)登録できました。
      操作画面



    今後の私自身のための備忘録という意味合いが強い記事ですが
    同じ症状で困っているという方のお役に立てたら幸いです。


    この記事の作成にあたって下記サイト様を参考にさせて頂きました。

       → コレがCOREGAルータのバグヽ(`Д´)ノプンプン - KAY(けい)兄貴のイキザマ。
       → 続・コレがCOREGAルータのバグ-解決編- - KAY(けい)兄貴のイキザマ。
       → 会社でiPhone4GをWifi接続しようとしていますが、Wifi接続できません - Yahoo!知恵袋








    このエントリーをはてなブックマークに追加




    管理人だけが読めるコメントにする(返信はしません)
    【お知らせ】
    • コメントは承認制です。反映に時間がかかります。
    • Yahoo!BBはスパムコメントが多いため一部規制中です。
    • URLを含む投稿はできません。必要な場合は最初のhを削って下さい。
    • 記事に直接関係ない個人のトラブルにはお答えできません。
    • Android は使ったことがないので質問を頂いても答えられません。
    • その他詳細はこちら





    記事別の週間アクセス数ランキングです。こちらの記事もぜひ読んでみて下さい。

    2008-2016 知らなきゃ絶対損するPCマル秘ワザ  無断転載禁止

    ブログパーツ