このブログのはてなブックマーク数 このエントリーをはてなブックマークに追加

知らなきゃ絶対損するPCマル秘ワザ

知らなきゃ損するPC情報を分かりやすくメモする個人ブログ。
『月,水,金』の週3回更新!(予定)

このブログ内をキーワードで検索することもできます。
Loading



最新記事
  • Windows:ウィンドウを効率よく操作する方法まとめ (12/09)
  • Windows:スリープ復帰時のパスワード入力をやめる (12/07)
  • Windows:ミス激減!チェックボックスでファイルを複数選択する (12/05)
  • Amazon:スマホでPC版サイトを開いたらスマホ版に戻れなくなった (12/02)
  • Windows:アプリの音量が勝手に変更される (11/30)
  • 管理人より
    2000万アクセス突破しました。ありがとうございます。

    Photoshopで簡単に画像を円形に配置

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    Photoshopで画像を簡単に円形に配置する方法
    サンプル


    こんにちは、さち です。

    今回は、以前紹介したPhotoshopプラグインコピーズCopies」を使い
    Photoshop で簡単に画像円形に配置する方法を紹介します。
     

    操作手順(例)

    まずは、細かいことは後回しにして手順を説明していきたいと思います。

    1. 円形に配置したい画像を中央付近に配置します。
      操作画面

    2. 「フィルタ」→「MuRa's Meister」→「Copies」と進みます。
      操作画面

    3. 「Shift Mode」を「Circle」にして
      各パラメータの数値を下の画像と同じように設定します。
      ただし「Shift X」「Shift Y」の数値は状況に合わせ微調整が必要です。
      円の形を整え終わったら「OK」をクリックします。
      操作画面

    4. 完成です。
      操作画面


    各種パラメータの意味(Shift Mode が Circleの場合)

    上の手順をすればとりあえず円形に配置することはできますが
    各種パラメータの意味を理解すると色々なアレンジができるようになります。

    ■Number
    円形に並べる画像の数です。先程の例の場合は16個です。

    ■Shift X,Shift Y
    画像を配置する円の幅と高さを指定します。
    「Shift X」で幅、「Shift Y」で高さの指定をします。
    操作画面

    ■Angle,Rotation
    「Angle」は始点における画像の向きの指定
    「Rotation」は始点から終点にかけての回転量の指定です。
    (自転のような動きで)時計回りに回転し「100」で一回転します。
    操作画面
    先程の例の場合はAngleは「0」なので元画像と同じ向き
    Rotationは「100」のため始点から終点にかけて時計周りに一回転します。

    ■Phase,Cycle
    「Phase」は始点の位置を指定します。
    円右側の始点を「0」として(公転のような軌道で)円周上を時計回りに進み「100」で一周します。
    「Cycle」は描く円周の長さの指定です。
    こちらも同じく時計回りに進み「100」で一周分になります。
    操作画面
    先程の例の場合はPhaseが「25」なので円の下側が始点となり
    Cycleが「100」のため始点から円周上を時計回りに一周します。
    操作画面
    ※もし仮にCycleが「50」なら半円、「25」なら4分の1の円(扇形)になります

    ■Attenuation
    らせんの指定をします。
    プラスの値にすると終点が徐々に中心に向かって行き
    マイナスの値にすると始点が徐々に中心に向かって行きます。
    「0」にすると正円となります。
    操作画面
    ※画像はAttenuationが「100」のとき

    ■Scale
    始点から終点にかけての拡大縮小の量を指定します。
    「100」で拡大縮小なし
    「100より大きい数値」で徐々に拡大
    「100より小さい数値」で徐々に縮小します。
    操作画面
    ※画像はScaleが「20」のとき

    ■Thru BG Range,BG Color
    「BG Color」で指定した色を透明化します。
    「Thru BG Range」で透明化の強さを調節します。

    ■FadeOut
    フェード効果をつけます。
    「0」でフェード効果なし
    「0より大きい数値」で徐々に画像を消し(フェードアウト)
    「0より小さい数値」で徐々に画像を出します(フェードイン)。
    操作画面
    ※画像はFadeOutが「100」のとき


    慣れるまでは少し操作が難しいですが
    とても便利なプラグインですのでぜひ使ってみて下さい。

       → 画像を大量複製するプラグイン「コピーズ(Copies)」








    このエントリーをはてなブックマークに追加




    管理人だけが読めるコメントにする(返信はしません)
    【お知らせ】
    • コメントは承認制です。反映に時間がかかります。
    • Yahoo!BBはスパムコメントが多いため一部規制中です。
    • URLを含む投稿はできません。必要な場合は最初のhを削って下さい。
    • 記事に直接関係ない個人のトラブルにはお答えできません。
    • Android は使ったことがないので質問を頂いても答えられません。
    • その他詳細はこちら





    記事別の週間アクセス数ランキングです。こちらの記事もぜひ読んでみて下さい。

    2008-2016 知らなきゃ絶対損するPCマル秘ワザ  無断転載禁止

    ブログパーツ