このブログのはてなブックマーク数 このエントリーをはてなブックマークに追加

知らなきゃ絶対損するPCマル秘ワザ

知らなきゃ損するPC情報を分かりやすくメモする個人ブログ。
『月,水,金』の週3回更新!(予定)

このブログ内をキーワードで検索することもできます。
Loading



最新記事
  • Windows:動画のフレームサイズ等をエクスプローラーに表示 (02/24)
  • エクセル:テーブルの「フィルター」「並び替え」ボタンが消えた (02/22)
  • jQuery:追加した「ボタン」をクリックしてもイベントが発火しない (02/20)
  • PCモニタをWQHD(2560x1440)にしたら便利すぎて戻れない件 (02/17)
  • jQuery Mobile:追加した要素(select等)にスタイルが付かない (02/13)
  • 管理人より
    2100万アクセス突破!ありがとうございます。

    液晶テレビはバックライトにも注目しよう

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    知らなきゃ損する薄型テレビを選ぶポイント(5)
    イメージ


    こんにちは、さち です。

    前回は、使われている液晶パネルの種類でテレビの見え方が変わる
    という内容を見てきました。

    今回は、実は液晶パネルの裏で光を発する役割をになう
    「バックライト」の種類によっても映像の表現力が変わってくるという
    お話をしていきたいと思います。


    バックライトって何?

    以前の記事でも触れましたが
    もう一度バックライトが何なのかを見てみましょう。

    液晶テレビで使われている「液晶」はそれ自体は光を発することはできません。
    しかし、テレビは画面が光ることで映像ができるのだから「光源」が必要になります。
    その光源が「バックライト」なのです。
    (液晶の裏側に取り付けられるため「バックライト」と呼ばれます)

    液晶の役割はそのバックライトの光をさえぎることで
    そのさえぎる量を調節して様々な「色」を作り出します。

    電気のついた部屋とカーテンの関係をイメージすると分かりやすいです。
    「カーテン」の役目をしているのが「液晶」で
    「部屋の明かり」の役割をするのが「バックライト」ですね。
    イメージ

    しかし、困ったことが一つありましたよね。
    それは液晶は「黒色の再現が苦手」ということです。
    真っ黒ではなくうっすらと明るい黒色になり、浮いた感じの黒色になってしまいます。

    なぜこのようなことが起こるのかというのは、
    カーテンを閉めたとしても部屋の明かりが隙間から漏れたり
    カーテン自体が透けてしまうことをイメージすると分かりやすいかもしれません。


    黒をキレイに表示するために

    液晶が黒を上手に表現できないのは
    「光が漏れてしまうから」という理由ですよね。

    それならばカーテンだけでなく
    光の強さも調節するようにすればいいじゃないかとなりますよね。

    これまではバックライトには「蛍光管」と呼ばれる
    細長い蛍光灯のようなものが使われていたのですが
    光の強さが一定で常に同じ明るさのままでした。

    そこで現れたのが「LED」のバックライトです。
    LED を使うことで光の強さを調節することが可能になりました。

    LED は近年、白熱電球の代替としても使われるようになり
    有名になりましたよね。
    LED電球でも売り文句とされていますが
    「LEDバックライト」もまた低消費電力,長寿命です。
    コントラストを高くすること以外にもメリットがあります。


    LEDバックライトの明るさを自動調整

    映しだす映像によって
    テレビが自動的にLEDバックライトの明るさを調節してくれます。
    黒の部分は暗く、白い部分は明るく といった感じです。

    黒色の部分はバックライトが消え
    色が付いている部分は光るという仕組みです。

    この技術により、引き締まった黒色を表現し
    コントラストの高いキレイな映像を
    液晶テレビでも表現できるようにしています。
    この技術は「ディミング」と呼ばれます。


    LEDバックライトは2種類ある

    実はLEDバックライトには
    そのバックライトの配置の仕方により2種類に分けられます。

    「直下型方式」と「エッジライト方式」です。

    イメージ

    直下型方式は、液晶の裏側にひたすらLEDを敷き詰める方式です。
    たくさんのLEDがあるため明るさのコントロールが非常に細かくできるのが特徴です。
    しかし、大量のLEDを使いますので
    どうしても本体に厚みが出る、値段も高価になるという傾向があります。

    エッジライト方式は、液晶の端にだけバックライトを配置する方式です。
    中央部分には光を拡散させるためのパネルがついているので
    明るさが端に偏ってしまうということはありません。
    LEDの数が少なくて済むので本体を薄くでき、値段も比較的安く済みます。
    ただし、ディミングの効果は直下型方式ほどは得られません。


    エッジライト方式の方LEDの数が少ないので
    テレビ画面が暗くなるのではないかと思う方もいるかもしれませんが
    決してそんなことはありませんので安心して下さい。

    ディミング機能の搭載/非搭載は液晶テレビの機種によって異なるので
    しっかりと調べてみましょう。
    搭載している場合は目玉機能としてパンフレット等にも
    大きく書かれていることが多いと思います。


    「視野角」「黒色の表現」と苦手分野を克服しようとしている液晶テレビですが
    まだ「残像感」という問題がありましたよね…。

    実は、この残像感についても最近は改善される技術が出てきています。
    次回はその点について書いてみようと思います。
    次回は10/8(金)の予定です、よろしければまた次回も読んでやって下さいませ。

       → 売れ筋の液晶テレビを見てみる!(Amazon)


    この記事を作成するのにあたり下記サイト様を参考にさせ頂きました。

       → バックライト - Wikipedia
       → 冷陰極管 - Wikipedia
       → REGZA - TOSHIBA

    記事トップにある液晶テレビの画像は
    Love Free Photo 様 からお借りしました、ありがとうございました。


    ☆はじめにこの記事から見た方へ☆
    (1)から順に見ていただくと分かりやすくなっています!

    << 前へ | 知らなきゃ損する薄型テレビを選ぶポイント(5) | 次へ >>
    知らなきゃ損する薄型テレビを選ぶポイントの目次へ









    このエントリーをはてなブックマークに追加




    管理人だけが読めるコメントにする(返信はしません)
    【お知らせ】
    • コメントは承認制です。反映に時間がかかります。
    • Yahoo!BBはスパムコメントが多いため一部規制中です。
    • URLを含む投稿はできません。必要な場合は最初のhを削って下さい。
    • 記事に直接関係ない個人のトラブルにはお答えできません。
    • Android は使ったことがないので質問を頂いても答えられません。
    • その他詳細はこちら





    記事別の週間アクセス数ランキングです。こちらの記事もぜひ読んでみて下さい。

    2008-2017 知らなきゃ絶対損するPCマル秘ワザ  無断転載禁止

    ブログパーツ