このブログのはてなブックマーク数 このエントリーをはてなブックマークに追加

知らなきゃ絶対損するPCマル秘ワザ

知らなきゃ損するPC情報を分かりやすくメモする個人ブログ。
『月,水,金』の週3回更新!(予定)

このブログ内をキーワードで検索することもできます。
Loading



最新記事
  • ノートPC Lenovo G570 のヒンジが壊れたので100円で修理した (08/16)
  • エクセル:カーソルが吹っ飛ぶ「Ctrl+矢印」キーを味方につける (08/14)
  • Windows:「スタート」ボタンが無反応なので小技でシャットダウン (08/09)
  • steelseries:アメリカから交換用のキーキャップを送ってくれた話 (08/07)
  • Dropbox:「インデックスを作成中」のまま同期が終わらない (08/04)
  • 管理人より
    2200万アクセス突破しました。ありがとうございます。

    Photshop Elemtns にスタイルを追加!

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    pse 操作画面


    こんにちは、さち です!

    今回は、Photoshop Elements
    レイヤースタイル追加する方法を紹介します。

    では、さっそくその方法を見ていきましょう!



    1. レイヤースタイルを手に入れよう!

    レイヤースタイルは自作もできますが
    web上には高品質なものが無料公開されています。
    今回は例で DesignWalker 様で公開されている
    「42 Button Layer Styles」 を使用します。

       → ボタンに使えるPhotoshopレイヤースタイル42種類DesignWalker 様)

    DesignWalker 様では
    他にも多くのレイヤースタイルが紹介されています。

       → PhotoshopレイヤースタイルいろいろDesignWalker 様)



    2. レイヤースタイルを追加しよう!(Photoshop Elements 7.0の場合)

    Photoshop Elements 7.0 での操作手順です。
    「6.0」「5.0」はこちらを参照して下さい。

      → Photoshop Elemetns 6.0 の場合
      → Photoshop Elements 5.0 の場合

    1. 「隠しフォルダ」を表示しておきます。
      (関連記事:隠しフォルダを表示する方法

    2. レイヤースタイルのフォルダを開きます。

      【Windows XP】
      C:\Documents and Settings\All Users\Application Data\Adobe\Photoshop Elements\7.0\Photo Creations\layer styles
      【Windows Vista 以降】
      C:\ProgramData\Adobe\Photoshop Elements\7.0\Photo Creations\layer styles


    3. ダウンロードしたレイヤースタイルファイルを
      「layer styles」フォルダ に移動します。
      レイヤースタイルファイル
      ※ アイコンのデザインは異なる場合があります

    4. 「layer styles」フォルダ内に「Wow Plastic.metadata」があるので
      同様にコピーを「layer styles」フォルダ内に作ります。
      操作画面

    5. コピーしたファイルの名前を
      手順「3」で移動したレイヤースタイルファイルと同じものにします。
      末尾の「.metadata」は消さないようにして下さい。
      (例では「button_layer_styles」なので「button_layer_styles.metadata」です)
      操作画面

    6. 手順「5」でファイル名を変更したファイルを「メモ帳」で開きます。
      (UTF-8で保存できるテキストエディタならメモ帳以外も可)

    7. 5行目の「value」の中身($$$/content/category/type/WowPlastic=Wow_Plastic)を
      Photoshop Elements で表示したいカテゴリ名にします。
      (今回は「ボタンスタイル」としました)
      不具合が起こる可能性もあります。利用は自己責任でお願いします
      (今のところ私は不具合はありません)
      この作業をしなくても「すべて表示」で追加したレイヤースタイルが表示されます。

      操作画面
      ※ クリックで拡大

    8. 変更を保存します。
      文字コードを「UTF-8」で保存するので
      「上書き保存」ではなく「名前を付けて保存」を選択します。
      操作画面

    9. 「ファイルの種類」を「すべてのファイル」
      「文字コード」を「UTF-8」にして保存(上書き)します。
      「メモ帳」を閉じます。
      操作画面

    10. 下記のフォルダを開きます。

      【Windows XP】
      C:\Documents and Settings\All Users\Application Data\Adobe\Photoshop Elements\7.0\Locale\ja_JP
      【Windows Vista 以降】
      C:\ProgramData\Adobe\Photoshop Elements\7.0\Locale\ja_JP


    11. 「ja_JP」内にある「MediaDatabase.db3」を別の名前に変更します。
      (例では「MediaDatabaseBackup.db3」にしました。)
      操作画面

    12. Photoshop Elements を起動します。

    13. 「コンテンツと効果を作成中。」と出ます。
      終了まで時間かかります。のんびり待ちましょう。
      pse7 操作画面

    14. 「効果」に手順「7」で指定したカテゴリ(例では「ボタンスタイル」)が追加されます。
      pse7 操作画面



    3. レイヤースタイルを追加しよう!(Photoshop Elements 6.0の場合)

    pse6 は持っていないので画像がありません。
    動作未確認なのでスタイルを追加できる保証もありません。

    操作手順は上記「7.0」の方法と手順「3」まで同じです。
    (「7.0」の部分を「6.0」に読み替えて下さい)
    下記の説明は手順「3」より後の続きです。

    1. 下記のフォルダを開きます。

      【Windows XP】
      C:Documents and Settings\All Users\Application Data\Adobe\Photoshop Elements\6.0\Locale\ja_JP\Photo Creations Metadata
      【Windows Vista 以降】
      C:\ProgramData\Adobe\Photoshop Elements\6.0\Locale\ja_JP\Photo Creations Metadata


    2. 「Wow Plastic.xml」のコピーを同フォルダ内に作成。

    3. コピーしたファイル名をレイヤースタイルファイルと同じものに変更。
      (今回の場合は「button_layer_styles.mxl」)

    4. 「button_layer_styles.mxl」をメモ帳で開きます。

    5. 「CatWowPlastic」を「Catbutton_layer_styles」に、
      「Wow Plastic」を pse で表示したいカテゴリ名に書き換えます。
      (今回は「ボタンスタイル」としました)

    引き続き上の「7.0」の説明の手順「8」以降と同じ操作をします。

       → Photoshop Elemtns 7.0 の手順「8」 へジャンプ



    4. レイヤースタイルを追加しよう!(Photoshop Elements 5.0の場合)

    1. 「隠しフォルダ」を表示しておきます。
      (関連記事:
      隠しフォルダを表示する方法

    2. レイヤースタイルのフォルダを開きます。

      【Windows XP】
      C:\Documents and Settings\All Users\Application Data\Adobe\Photoshop Elements\5.0\Photo Creations\special effects\layer styles
      【Windows Vista 以降】
      C:\ProgramData\Adobe\Photoshop Elements\5.0\Photo Creations\special effects\layer styles


    3. 「layer styles」フォルダ内に新規フォルダを作成。
      フォルダ名は pse で表示したいカテゴリ名にします。
      (今回の場合は「ボタンスタイル」にしました)
      操作画面
      不具合が起こる可能性もあります。利用は自己責任でお願いします
      (今のところ私は不具合はありません)
      この作業をしなくても「すべて表示」で追加したレイヤースタイルが表示されます。


    4. ダウンロードしたレイヤースタイルファイルを
      「ボタンスタイル」フォルダに移動します。
      レイヤースタイルファイル
      ※ アイコンのデザインは異なる場合があります

    5. 下記のフォルダを開きます。

      【Windows XP】
      C:\Documents and Settings\All Users\Application Data\Adobe\Photoshop Elements\5.0
      【Windows Vista 以降】
      C:\ProgramData\Adobe\Photoshop Elements\5.0


    6. 「MediaDatabase.db3」を別の名前に変更します。
      (例では「MediaDatabaseBackup.db3」にしました。)
      操作画面

    7. Photoshop Elements 5.0 を起動します。

    8. 「アートワーク・エフェクトを構築しています」と出るので終了まで待ちます。
      pse5 操作画面

    9. 「効果」に手順「2」で作成したフォルダ名と
      同名のカテゴリ(今回は「ボタンスタイル」)が追加されます。
      pse5 操作画面



    記事作成にあたり下記サイトを参考にさせて頂きました。
    ありがとうございました。

       → Photoshop Elements 6.0で.aslファイルの追加方法を教えて下さいm(_ _)mYahoo!知恵袋
       → Photoshop Elements 7.0 レイヤースタイルの追加方法ゲーム製作日記 様)
       → How to Install Layer Styles in Photoshop Elements 6.0Scrapper's Guide 様)

    ※ 記事内で使用しているソフトは Photoshop Elements です


    【関連記事】

       → Photoshop Elements 講座・入門編 目次








    このエントリーをはてなブックマークに追加




    管理人だけが読めるコメントにする(返信はしません)
    【お知らせ】
    • コメントは承認制です。反映に時間がかかります。
    • Yahoo!BBはスパムコメントが多いため一部規制中です。
    • URLを含む投稿はできません。必要な場合は最初のhを削って下さい。
    • 記事に直接関係ない個人のトラブルにはお答えできません。
    • Android は使ったことがないので質問を頂いても答えられません。
    • その他詳細はこちら





    記事別の週間アクセス数ランキングです。こちらの記事もぜひ読んでみて下さい。

    2008-2017 知らなきゃ絶対損するPCマル秘ワザ  無断転載禁止

    ブログパーツ