このブログのはてなブックマーク数 このエントリーをはてなブックマークに追加

知らなきゃ絶対損するPCマル秘ワザ

知らなくて損したPC情報とかを分かりやすくメモする個人ブログ。
『月,水,金』の週3回更新!(予定)

このブログ内をキーワードで検索することもできます。
Loading



最新記事
  • Windows 10 のバージョン(OSビルド)を調べてみる (12/14)
  • 年末大掃除! アイロンで貼れる障子紙の貼り替えをしてみた (12/12)
  • Stylus:スタイル「Google:ホリデーロゴ置換」を修正しました (12/10)
  • iPhone:Apple純正よりも丈夫な充電ケーブルを買ってみた (12/07)
  • Affinity Photo:「テキスト」や「画像」を中央に配置する (12/05)
  • 管理人より
    2018年の最終更新は12/24(月)
    2019年の初回更新は01/07(月)の予定です。

    Apple Software Update が自動表示されないようにする

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    操作画面


    こんにちは、さち です。

    iTunes などのアプリをインストールすると
    時々、自動で表示される「Apple Software Update」。

    Apple 関連アプリのアップデートを管理するアプリですが
    アプリを使うときに手動でアップデートするから
    そこまで徹底してくれなくていいというのが正直な感想。

    「Apple Software Update」が自動表示されないようにしてみます。




    アップデートを確認しないようにする

    1. 「Windows(スタート)」ボタンから、「Apple Software Update」を起動します。
      操作画面

    2. Apple Software Update が開きました。
      操作画面

    3. メニューの「編集」→「設定」と進みます。
      操作画面

    4. 「スケジュール」タブを開いて、更新確認の間隔を「設定しない」に変更。
      「OK」をクリックします。
      操作画面

    5. 「ユーザー アカウント制御」が表示されたら、「はい」をクリック。
      操作画面

    これで、Apple Sofeware Update が自動表示されることはありません。
    今後は、iTunes 等のアップデートは手動で行いましょう。




    「Apple Sofeware Update」自体を消したい人

    通常は、ここまでしなくていいと思いますが
    存在すること自体が嫌だという人は、プログラムを削除してしまいましょう。
    (Apple Sofeware Update が無くても、iTunes 等のアップデートは可能)

    1. コントロールパネルを開いて、「プログラムの安心ストール」をクリック。
      Windows10 プログラムのアンインストール

    2. 「Apple Software Update」をクリック。
      操作画面

    3. アンインストールの確認ダイアログが出たら、「はい」をクリック。
      操作画面









    このエントリーをはてなブックマークに追加




    管理人だけが読めるコメントにする(返信はしません)
    【お知らせ】
    • コメントは承認制です。反映に時間がかかります。
    • スパムコメント防止のため一部ホストを規制中です。
    • URLを含む投稿はできません。必要な場合は最初のhを削って下さい。
    • 記事に直接関係ない個人のトラブルにはお答えできません。
    • Android は使用経験がないので質問を頂いても答えられません。
    • その他詳細はこちら





    記事別の週間アクセス数ランキングです。こちらの記事もぜひ読んでみて下さい。

    2008-2018 知らなきゃ絶対損するPCマル秘ワザ  無断転載禁止

    ブログパーツ