このブログのはてなブックマーク数 このエントリーをはてなブックマークに追加

知らなきゃ絶対損するPCマル秘ワザ

知らなきゃ損するPC情報を分かりやすくメモする個人ブログ。
『月,水,金』の週3回更新!(予定)

このブログ内をキーワードで検索することもできます。
Loading



最新記事
  • Dropbox: iPhoneアプリでテキストファイルの編集が可能に (06/28)
  • Firefox:Flashが勝手に「常に有効化する」に変更されてしまう (06/26)
  • Firefox:「マルチプロセス」が予想通り無効になっている件 (06/23)
  • Firefox:「コンテナータブ」の新しいタブにスピードダイヤルが出ない (06/19)
  • ツイッター:「○○さんがいいねしました」を非表示にする (06/16)
  • 管理人より
    2200万アクセス突破しました。ありがとうございます。

    サイトに載せるバッチファイルのコードを自動で色分けする

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    イメージ


    こんにちは、さち です。

    先日、「Windows:バッチファイルの書き方忘れそうだから備忘録を書くよ
    という記事でバッチファイル用の色々なコマンドを書きました。

    その際、SyntaxHighlighter を使ってコマンドを色分け(ハイライト)したんですが
    実は、SyntaxHighlighter にはバッチファイル用の設定がなく
    有志の方が作成,配布して下さっているものを使わせて頂きました。

    今回は、その導入手順についてまとめていきます。




    バッチファイルの記述をハイライト

    普通にバッチファイルの内容をブログに貼り付けるとこんな感じ。
    真っ黒で見にくいですね。
    @echo off
    openfiles >NUL 2>&1

    if %ERRORLEVEL% EQU 0 ( goto ok )
    rem ERRORLEVELが0以外なら処理中止
    cmd /k
    exit

    :ok
    pause
    taskkill /T /F /IM TestApplication.exe 2>NUL
    echo 処理完了
    exit


    SyntaxHighlighter のバッチファイル用 Brush を 適用するとこんな感じ。
    ハイライトされて見やすくなりましたね!
    @echo off
    openfiles >NUL 2>&1

    if %ERRORLEVEL% EQU 0 ( goto ok )
    rem ERRORLEVELが0以外なら処理中止
    cmd /k
    exit

    :ok
    pause
    taskkill /T /F /IM TestApplication.exe 2>NUL
    echo 処理完了
    exit




    SyntaxHighlighter の導入

    バッチファイルのハイライトには SyntaxHighligter を使います。
    未導入の場合は、下記の過去記事を参考に導入して下さい。
    導入済みであれば次項へ。

       → サイトに載せるHTML, CSS, JS のコードを自動で色分け




    バッチファイル用 Brush の導入

    バッチファイル用の Brush は公式では用意されていません。
    logroid様が作成、配布して下さっているのでそれを使わせて頂きます。

    1. 「ログろいど」様のページにアクセスし、Brush ファイルをダウンロードします。
      2種類ありますが、特に理由がなければサイズの小さい「圧縮版」でよいです。
      操作画面

    2. ダウンロードしたファイルを自分のサーバーにアップロード。
      イメージ

    3. SyntaxHighlighter.autoloader (こちらの記事でいう「shTrigger.js」)に
      バッチファイル用の Brush を適用するための記述を追記します。
      ファイルの場所は絶対パス/相対パスどちらで書いても構いません。
      SyntaxHighlighter.autoloader(
      'css http://example.com/sh/shBrushCss.js',
      'js jscript javascript http://example.com/sh/shBrushJScript.js',
      'php http://example.com/sh/shBrushPhp.js',
      'sql http://example.com/sh/shBrushSql.js',
      'xml xhtml xslt html http://example.com/sh/shBrushXml.js',
      'bat cmd com http://example.com/sh/shBrushBat.min.js'
      );
      SyntaxHighlighter.all();

    4. 使い方は、基本的に他の Brush と同じです。
      SyntaxHighlighter.autoloader を含む JavaScript ファイルの読み込みも忘れずに。
      (SyntaxHighlighter の使い方の詳細についてはこちら)。
      <pre class="brush:bat" title="タイトル">
      ここにコマンドを書く
      </pre>

      <script type="text/javascript" src="http://example.com/sh/shTrigger.js"></script>




    【関連記事】

       → サイトに載せるHTML, CSS, JS のコードを自動で色分け
       → 「SyntaxHighlighter」で知らなきゃ損する7つのカスタマイズ









    このエントリーをはてなブックマークに追加




    管理人だけが読めるコメントにする(返信はしません)
    【お知らせ】
    • コメントは承認制です。反映に時間がかかります。
    • Yahoo!BBはスパムコメントが多いため一部規制中です。
    • URLを含む投稿はできません。必要な場合は最初のhを削って下さい。
    • 記事に直接関係ない個人のトラブルにはお答えできません。
    • Android は使ったことがないので質問を頂いても答えられません。
    • その他詳細はこちら





    記事別の週間アクセス数ランキングです。こちらの記事もぜひ読んでみて下さい。

    2008-2017 知らなきゃ絶対損するPCマル秘ワザ  無断転載禁止

    ブログパーツ