このブログのはてなブックマーク数 このエントリーをはてなブックマークに追加

知らなきゃ絶対損するPCマル秘ワザ

知らなきゃ損するPC情報を分かりやすくメモする個人ブログ。
『月,水,金』の週3回更新!(予定)

このブログ内をキーワードで検索することもできます。
Loading



最新記事
  • Sublime Text 3:編集中のファイルの文字コードを表示する (03/29)
  • Windows:1つしないのにネットワーク名が「ネットワーク 2」な件 (03/27)
  • CLIP STUDIO PAINT:メーカートーン無料提供が3月末で終了 (03/24)
  • ニコニコ動画+Firefoxでプレイヤーが真っ黒になる症状 (03/22)
  • 中世ヨーロッパの文献の雰囲気をもつフリーフォント「eltic」 (03/20)
  • 管理人より
    2100万アクセス突破!ありがとうございます。

    Windows:PC に iPhone の音を送って遅延なしでミックスする

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    操作画面


    こんにちは、さち です。

    以前、2つの音声を1つの出力にまとめられるケーブルについて
    記事を書きましたが、この方法は機器に悪影響が出る可能性もあり
    他に安くて簡単な方法はないかと模索していました。
    (まぁ特に機器に不具合が出ることはなかったんですが……)

    ある日、PC を眺めていて気づきました。
    PC にはマイク入力(音声入力端子)があるのだから
    これを使って PC と iPhone の音をミックスして出力できるのでは?

    ということで、試してみました。




    両端オスのケーブルが必要

    PC と iPhone を接続するには
    両端が「オス」のオーディオケーブルが必要です。
    この形状のケーブルは持っていないので新しく購入しました。

    実際に購入したものがこちらです。
    B01HCKOXY4
    Ugreen 片側L型 オーディオステレオケーブル(3.5mm) ブラック 1m


    1. こちらが実際の商品。開封します。
      写真

    2. 中身はケーブルと謎の紙です。
      写真

    3. ケーブル先端はこんな感じ。
      安っぽさがなく、なかなか良いデザインですね。
      写真




    PC と iPhone の音をミックスしてみる

    下記手順は、サウンドデバイスのドライバーが「Realtek」製の場合です。
    他メーカー製(Microsoftなど)の場合は手順が異なったり
    そもそも不可能だったりする可能性があります。
    その場合はこちらの方法を試して下さい(ただし、遅延が発生します)。

    1. ケーブルの片方を PC の音声入力端子(今回は、「フロントマイク」)に接続。
      もう片方を、iPhone に接続します。
      写真

    2. タスクバーの「スピーカー」アイコン上で右クリック。
      操作画面

    3. 「録音デバイス」をクリック。
      操作画面

    4. 接続したデバイスが有効になっているか確認します。
      今回の場合、「FrontMic」に緑色のチェックがついてるので有効です。
      無効になっている場合は、「右クリック」→「有効」とします。
      (デバイス自体がない場合は、「右クリック」→「無効なデバイスの表示」)
      操作画面

    5. 「再生」タブを開いて、使用中のデバイスをダブルクリック(例では「スピーカー」)。
      操作画面

    6. 「レベル」タブを開いて、「FrontMic」のスピーカーアイコンをクリック。
      有効にすると音が聞こえるようになります。
      操作画面

    7. 最大でも音量が小さかったので「FrontMic」の「マイク ブースト」を大きくしました。
      (手順「4」の状態で「FrontMic」をダブルクリック→「レベル」タブを開くことで可能)
      操作画面




    実際に使ってみた感想

    PC と iPhone 両方の音がミックスされて聞こえます。
    思い通りの動作になったことに一安心。

    一番驚いたのは遅延がないことです。
    iPhone でリズムゲーム(スクフェス)を起動して
    PC 経由で音を聴きながらプレイしてみましたが違和感はゼロ。
    遅延を感じることはまったくありませんでした。

    音質に関しては、低音が弱くなるせいか高音が若干うるさいです。
    そして、非常に残念なことにノイズが出ます
    音が流れているとノイズは紛れてしまい分かりにくくなりますが
    無音の状態では「サー」というノイズがそこそこ入ります。

    本格的に外部音声を入力する場合は
    オーディオインターフェイスを使うことがほとんどでしょうし
    多少のノイズは仕方ないのかもしれませんね。

    ちなみに、音量を上げたまま入力端子を抜き差しすると
    大きな音がすることがあるので耳を傷めないように注意が必要です。

    あと、ケーブルは 1m だと長さの余裕が少なかったので
    できれば 1.5m は欲しかったかなと思いました。
    購入前に必要な長さ測るのはもちろんですが
    取り回しのために余裕を多めに持たせるのが重要だと実感しました。




    まとめ

    機能的には思い通りなんですが
    ノイズが入るため常に FrontMic の音をオンにするのは抵抗があります。

    でも、遅延がないことは本当に驚きでした。

    音が聞こえていればノイズは気になりにくくなるので
    PC と iPhone 両方の音を聞きたいときだけ使う感じになりそうです。




    B01HCKOXY4Ugreen 片側L型 オーディオステレオケーブル(3.5mm) ブラック 1m
    UGREEN GROUP LIMITED

    by G-Tools









    このエントリーをはてなブックマークに追加




    管理人だけが読めるコメントにする(返信はしません)
    【お知らせ】
    • コメントは承認制です。反映に時間がかかります。
    • Yahoo!BBはスパムコメントが多いため一部規制中です。
    • URLを含む投稿はできません。必要な場合は最初のhを削って下さい。
    • 記事に直接関係ない個人のトラブルにはお答えできません。
    • Android は使ったことがないので質問を頂いても答えられません。
    • その他詳細はこちら





    記事別の週間アクセス数ランキングです。こちらの記事もぜひ読んでみて下さい。

    2008-2017 知らなきゃ絶対損するPCマル秘ワザ  無断転載禁止

    ブログパーツ