このブログのはてなブックマーク数 このエントリーをはてなブックマークに追加

知らなきゃ絶対損するPCマル秘ワザ

知らなきゃ損するPC情報を分かりやすくメモする個人ブログ。
『月,水,金』の週3回更新!(予定)

このブログ内をキーワードで検索することもできます。
Loading



最新記事
  • iPhone:画面が黄色くない?と思ったら設定を変えてみよう (11/24)
  • Windows:「PC」のドライブで「iCloudフォト」が一番前を陣取る件 (11/22)
  • iPhone:iCloudを使って新しいiPhoneにデータを移行する (11/20)
  • iPhoneX を1週間使ってみて分かったこと (11/17)
  • ニコニコ動画:動画を見ようとするとログインしろと言われる (11/15)
  • 管理人より
    2300万アクセス突破しました。ありがとうございます。

    Sublime Text 3:厳しすぎるCSSLintのエラーを見逃してもらう

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    操作画面


    こんにちは、さち です。

    Sublime Text 3 で SublimeLinter を使っているのですが
    CSSLint だけ、やたらチェックが厳しいように思います。
    超スパルタで細かい注意事項も見逃してくれないイメージ。

    人間、あまりに融通が効かないのも問題です。
    Linter さんは人間じゃないけど。

    ということで、CSSLint のチェックを緩くしてエラーを見逃してもらいます。




    CSS のチェックが厳しすぎる説

    1. エラーだらけの CSS。
      でも、記述方法が間違っているわけじゃないんですよ。
      操作画面

    2. エラー内容は「Don't use IDs in selectors.」。
      「セレクターに id 使うんじゃねーよ」とのことです。
      操作画面

    id を使ってはいけない理由は
    class と違って再利用できないし
    class でもパフォーマンス(速度)は大差ないからのようです。

    言いたいことは分かる!分かるけれども……
    JavaScript 用に id を設定すると CSS でも使いたくなっちゃうんです。
    多めに見てくんちぇ~。

    真面目に話すと、現実的な問題もあります。
    エラーだらけになると『はいはい、またいつものエラーね』と受け流すため
    エラーを気に止めなくなってしまいます。
    小言が多いと、大事なことを叱る時にも聞き流されてしまう感じですね。
    これはよろしくありません。




    エラーを見逃してもらう

    そのエラー出すのやめてくんちぇ~という項目がある場合は
    見逃してもらうように設定をしましょう。

    私の Sublime Text はパッケージ「Japanize」により日本語化してあるので
    英語表示の人は下記手順を適当に読み替えて下さい。

    1. 見逃して欲しいエラーの種類を確認します。
      エラー内容の後にあるカッコ内に書かれているものがそれです。
      今回の id の例で言えば、「ids」ですね。
      操作画面

    2. メニューの「基本設定」→「Package Settings」と進みます。
      操作画面

    3. 続いて、「SublimeLinter」に進みます。
      操作画面

    4. 「Settings - User」をクリック。
      操作画面

    5. userlinterscsslintignore」に
      見逃して欲しいエラーの種類をダブルクォートで囲んで記述(シングルクォート不可)。
      ファイル(SublimeLinter.sublime-settings)を上書き保存します。
      操作画面

    6. 「ids」のエラーが消えました。
      操作画面

    見逃して欲しいエラーが複数ある場合は、コンマで区切って記述しましょう。
    ちなみに、「ignore」は「無視する,気づかないふりをする」という意味です。
    操作画面




    特定のファイルだけ見逃してもらう

    特定の CSSファイル でのみ見逃して欲しいという場合は
    そのファイルに設定を直接記述します。

    1. 先ほどと同じく「ids」のエラーを見逃してもらいます。
      操作画面

    2. CSS ファイルに直接記述します。
      記述形式は、「/*csslint エラー名: false*/」です。
      記述場所はどこでもいいですが、先頭にしておくと分かりやすいです。
      操作画面

    3. 「ids」のエラーが消えました。
      操作画面

    エラー名と設定は、「,(コンマ)」で区切ることで複数記述できます(改行も可)。
    false の部分を true にすると逆にエラーチェックが有効になります。
    操作画面




    闇雲にエラーを消しまくってもよくないので
    『エラーの意味は十分理解している!でも……でも見逃してくれいっ!!!』
    というものだけを設定しましょう。



    【参考サイト】

       → CSSLintのRulesの超訳 - GitHub
       → Command line interface · CSSLint/csslint Wiki - GitHub








    このエントリーをはてなブックマークに追加




    管理人だけが読めるコメントにする(返信はしません)
    【お知らせ】
    • コメントは承認制です。反映に時間がかかります。
    • Yahoo!BBはスパムコメントが多いため一部規制中です。
    • URLを含む投稿はできません。必要な場合は最初のhを削って下さい。
    • 記事に直接関係ない個人のトラブルにはお答えできません。
    • Android は使ったことがないので質問を頂いても答えられません。
    • その他詳細はこちら





    記事別の週間アクセス数ランキングです。こちらの記事もぜひ読んでみて下さい。

    2008-2017 知らなきゃ絶対損するPCマル秘ワザ  無断転載禁止

    ブログパーツ