このブログのはてなブックマーク数 このエントリーをはてなブックマークに追加

知らなきゃ絶対損するPCマル秘ワザ

知らなきゃ損するPC情報を分かりやすくメモする個人ブログ。
『月,水,金』の週3回更新!(予定)

このブログ内をキーワードで検索することもできます。
Loading



最新記事
  • Windows:ミス激減!チェックボックスでファイルを複数選択する (12/05)
  • Amazon:スマホでPC版サイトを開いたらスマホ版に戻れなくなった (12/02)
  • Windows:アプリの音量が勝手に変更される (11/30)
  • かしこいかわいい新PC「エリーチカ」がやってきた(時々ポンコツ) (11/28)
  • Windows:目的毎,ファイルの種類(拡張子)毎に既定アプリを変更 (11/25)
  • 管理人より
    2000万アクセス突破しました。ありがとうございます。

    Windows:アプリをスタートアップ(開始時に自動起動)する

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    操作画面


    こんにちは、さち です。

    新しい PC で「スタートアップ」を使おうと思ったのですが
    Windows 10 だと「スタート」ボタン→「プログラム一覧」に「スタートアップ」がない!

    Windows 7 のときは「スタート」ボタンから登録してたのに…。
    「スタートアップ」フォルダーがある場所を探さなくちゃですよ…。




    「スタートアップ」を開く

    1. 「Windows + R」キーを押し、「ファイル名を指定して実行」を開きます。
      shell:startup」と入力して、「Enter」キーを押します。
      操作画面

    2. スタートアップのフォルダーが開きました。
      フォルダーのアドレスとしては下記のとおり。
      C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup
      操作画面

    3. ここにショートカットを置けば、そのアプリが Windows 開始時に自動で起動されます。
      (例では、ランチャーアプリを置きました)
      操作画面




    全ユーザーでスタートアップさせる

    前項の方法は、アドレスにユーザー名が入っているとおり
    スタートアップが有効なのはそのユーザーだけです。

    全ユーザーでスタートアップを有効にする場合は
    先程とは別の場所、下記のアドレスにあるフォルダーを使用します。
    C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\StartUp

    このフォルダーにショートカットを入れたアプリは
    全ユーザーで Windows 開始(サインイン,ログオン)時に自動起動されます。




    まとめ

    「スタートアップ」のフォルダーは2種類あります。
    有効にするユーザーの範囲によって適切な方を使いましょう。
    【特定のユーザーだけで有効】
    C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup
    (「ファイル名を指定して実行」から「shell:startup」で開きます)

    【全ユーザーで有効】
    C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\StartUp









    このエントリーをはてなブックマークに追加




    管理人だけが読めるコメントにする(返信はしません)
    【お知らせ】
    • コメントは承認制です。反映に時間がかかります。
    • Yahoo!BBはスパムコメントが多いため一部規制中です。
    • URLを含む投稿はできません。必要な場合は最初のhを削って下さい。
    • 記事に直接関係ない個人のトラブルにはお答えできません。
    • Android は使ったことがないので質問を頂いても答えられません。
    • その他詳細はこちら





    記事別の週間アクセス数ランキングです。こちらの記事もぜひ読んでみて下さい。

    2008-2016 知らなきゃ絶対損するPCマル秘ワザ  無断転載禁止

    ブログパーツ