このブログのはてなブックマーク数 このエントリーをはてなブックマークに追加

知らなきゃ絶対損するPCマル秘ワザ

知らなきゃ損するPC情報を分かりやすくメモする個人ブログ。
『月,水,金』の週3回更新!(予定)

このブログ内をキーワードで検索することもできます。
Loading



最新記事
  • Windows:「よく使われるアプリを表示する」が操作不能になった (04/28)
  • VLCプレイヤー:動画の「コマ送り」がしたい (04/26)
  • Windows:ごみ箱内に1ヶ月残っているファイルを自動削除 (04/24)
  • Windowsをアップデートしたら「コントロールパネル」が消えた (04/21)
  • Windows:ブルーライトを軽減する「夜間モード」を使ってみる (04/19)
  • 管理人より
    2200万アクセス突破しました。ありがとうございます。

    iPhone を傾けてもスリープを解除しないようにする

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    操作画面


    こんにちは、さち です。

    iOS 10 になってから
    iPhone を傾けると自動でスリープが解除されるようになりました。

    この機能について
    『iPhone を持ち上げた瞬間に画面が表示されて便利』
    『カバンやポケットに iPhone を入れる時まで機能してお節介』
    2つの意見に分かれることでしょう。
    iOS 9 から使っている人はこの機能に違和感を持つかもしれません。

    そこで、今回は
    iPhone を傾けてもスリープが解除されないようにする方法について
    書いていきます。




    操作手順

    1. 「設定」をタップ。
      設定

    2. 「画面表示と明るさ」をタップ。
      操作画面

    3. 「手前に傾けてスリープ解除」をオフにします。
      操作画面

    これで、今後は iPhone を傾けてもスリープは解除されません。




    ちなみに、この「手前に傾けてスリープ解除」は
    iPhone 6S 以降(SE含む)で iOS 10 以上の場合のみ使用できる機能。

    つまり、iPhone 6 以前にこの機能は存在しません。
    センサーで傾きを検出するだけの機能に思えるんですが
    M9 以降のコプロセッサしか使えない理由が何かあるのかしら。








    このエントリーをはてなブックマークに追加




    管理人だけが読めるコメントにする(返信はしません)
    【お知らせ】
    • コメントは承認制です。反映に時間がかかります。
    • Yahoo!BBはスパムコメントが多いため一部規制中です。
    • URLを含む投稿はできません。必要な場合は最初のhを削って下さい。
    • 記事に直接関係ない個人のトラブルにはお答えできません。
    • Android は使ったことがないので質問を頂いても答えられません。
    • その他詳細はこちら





    記事別の週間アクセス数ランキングです。こちらの記事もぜひ読んでみて下さい。

    2008-2017 知らなきゃ絶対損するPCマル秘ワザ  無断転載禁止

    ブログパーツ