このブログのはてなブックマーク数 このエントリーをはてなブックマークに追加

知らなきゃ絶対損するPCマル秘ワザ

知らなきゃ損するPC情報を分かりやすくメモする個人ブログ。
『月,水,金』の週3回更新!(予定)

このブログ内をキーワードで検索することもできます。
Loading



最新記事
  • Amazon:スマホでPC版サイトを開いたらスマホ版に戻れなくなった (12/02)
  • Windows:アプリの音量が勝手に変更される (11/30)
  • かしこいかわいい新PC「エリーチカ」がやってきた(時々ポンコツ) (11/28)
  • Windows:目的毎,ファイルの種類(拡張子)毎に既定アプリを変更 (11/25)
  • Windows:ヘッドホン(イヤホン)から音が出ないときの対処法 (11/23)
  • 管理人より
    2000万アクセス突破しました。ありがとうございます。

    ドライヤーが壊れたので大風量ドライヤーを買ってみた

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    イメージ


    こんにちは、さち です。

    先日、突然ドライヤーが壊れました。
    ヒーターが壊れて温風がまったく出なくなってしまったのです。

    さすがに冷風だけでは髪がなかなか乾かない…。
    そんなわけで、新しいドライヤーを買うことに。

    壊れた機種は風量が少し弱いと感じていたので
    どうせならと大風量のドライヤーを買ってみました。




    新しいドライヤーに求めること

    • 風が強い(速く乾く)
    • 重くない
    • 予算は4,000円程度まで

    ドライヤーは髪を乾かすだけのものと割り切っているので
    特に高機能は求めません。

    夏はドライヤーをしているとき地味に暑いので
    速く乾かして時間を短縮できるように風が強い機種を探します。

    また、腕が疲れるのは嫌なのであまり重くないものを探します。
    自分の目安としては 500g 以下です。




    ワット数が「大」=風量が「強」ではない

    風量が強いドライヤーが欲しいのなら
    ワット数の大きいものを選べばいいのかと思ったのですが
    実際調べてみるとそうではありませんでした。

    風量をウリにしているドライヤーとそうでないもの
    どちらも 1200~1300W(ワット) 程度で大きな差はありません。
    ワット数=風量という単純なものではないようです。

    見るべきところは「m3/分」の単位で書かれた風量です。
    この数値が大きいほど大風量のドライヤーです。

    大風量をウリにしている商品は
    大体 1.3m3/分 程度以上という印象だったので
    2.0m3/分 に近いものを選べばかなりの風量だろう
    という結論になりました





    選んだドライヤーはこちら

    色々なメーカーのドライヤーを見て、最終的に選んだのはこちら。
    B00O9RSLCE
    KOIZUMI BACKSTAGE KHD-9200

    風量 1.8m3/分
    重量 440g
    消費電力 1200W/600W
    価格 約2,500円(購入当時)

    特に新製品である必要性は感じないので
    2014年10月から発売されている商品を選びました。
    そのおかげで、予算の4,000円より大幅に安く済みました。
    一応、マイナスイオンも出るみたいです。

    上位機種だと 2.0m3/分 のすごい風量のものもあるんですが
    まぁ 1.8m3/分 あれば十分だろうという結論に。

    KOIZUMI?聞き慣れないメーカーだなと思った方。大丈夫です。

    トリートメントなどのヘアケア用品で有名な「ヴィダルサスーン」ってありますよね?
    ヴィダルサスーン はドライヤーやヘアアイロンも作っているんですが
    実は、これらを製造しているのが KOIZUMI なんです。
    これなら他の商品の品質も信頼できますよね。




    商品を開封する

    1. パッケージはこんな感じです。
      写真

    2. 軽量タイプ,大風量 1.8m3/分 の表記があります。
      ちなみに、1.8m3/分 はノズルなしの数値です。
      ノズルを付ければ風速が上がるので、より風が強いと感じます。
      写真

    3. 箱の中身は、ドライヤー本体と取扱説明書です。
      保証書は取扱説明書に付属しています(保証期間1年)。
      写真

    4. スイッチの配置はこんな感じ。
      風量は、スライド式のメインスイッチで「LOW」「HIGH」「TURBO」の3段階。
      風温は、押しボタン式のクールスイッチで「HOT」「COOL」を切り替えられます。
      写真

    5. ノズルはこんな感じ。
      これを付けていると風速がアップするのでさらに風が強くなります。
      写真




    使ってみた感想

    風はとにかく強いです。
    「TURBO」だと風の反動で本体が軽く押し戻されるくらい。
    大風量を求めていたので満足です。

    ただ、風量があるからなのか
    「HOT」の風の温度が少し低いかなという気がします。
    まぁ、髪を乾かすには十分な温度はありますし
    夏はむしろこれくらいの温度の方が暑くなくていいのかも。

    音の大きさについては
    もちろん風量のないドライヤーよりは大きいですが
    うるさくは感じないし大風量ならこんなものだろうと思います。

    「HOT/COOL」の押しボタンスイッチの配置については
    使用中に誤って押したりしないかと心配でしたが
    今のところ、そのようなことは一度もありません。



    大風量なのに軽量、それに加えてお手頃価格
    性能と価格が非常にバランス良いドライヤーだと思います。
    新製品ではありませんが
    ドライヤーとしての機能は十分なので良い買い物ができたと思います。




    KOIZUMI BACKSTAGE 大風量マイナスイオンヘアドライヤー KHD-9200
    B00O9RSLCEB00O9RSM3W








    このエントリーをはてなブックマークに追加




    管理人だけが読めるコメントにする(返信はしません)
    【お知らせ】
    • コメントは承認制です。反映に時間がかかります。
    • Yahoo!BBはスパムコメントが多いため一部規制中です。
    • URLを含む投稿はできません。必要な場合は最初のhを削って下さい。
    • 記事に直接関係ない個人のトラブルにはお答えできません。
    • Android は使ったことがないので質問を頂いても答えられません。
    • その他詳細はこちら





    記事別の週間アクセス数ランキングです。こちらの記事もぜひ読んでみて下さい。

    2008-2016 知らなきゃ絶対損するPCマル秘ワザ  無断転載禁止

    ブログパーツ