このブログのはてなブックマーク数 このエントリーをはてなブックマークに追加

知らなきゃ絶対損するPCマル秘ワザ

知らなきゃ損するPC情報を分かりやすくメモする個人ブログ。
『月,水,金』の週3回更新!(予定)

このブログ内をキーワードで検索することもできます。
Loading



最新記事
  • Amazon:スマホでPC版サイトを開いたらスマホ版に戻れなくなった (12/02)
  • Windows:アプリの音量が勝手に変更される (11/30)
  • かしこいかわいい新PC「エリーチカ」がやってきた(時々ポンコツ) (11/28)
  • Windows:目的毎,ファイルの種類(拡張子)毎に既定アプリを変更 (11/25)
  • Windows:ヘッドホン(イヤホン)から音が出ないときの対処法 (11/23)
  • 管理人より
    2000万アクセス突破しました。ありがとうございます。

    エクセル:作業を自動化する「マクロ」は簡単!専門知識も不要

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    操作画面


    こんにちは、さち です。

    エクセル(Excel)には
    「マクロ」という作業を自動化する機能があるのはご存知かと思います。

    ただ、「マクロ」の存在は知っていても
    『プログラムの専門知識がないと使えないんでしょ?』
    『何か難しそうだし自分はいいや…』
    と使っていない人も多いのではないでしょうか。

    実は、全然そんなことありません。
    専門知識なんて一切不要で誰でも簡単に使えます。

    なるべく省かず分かりやすく解説したので記事は少し長いですが
    やっていることはそんなに難しくないです。

    マクロの使い方を覚えて面倒な作業を簡略化してみましょう!




    「開発」タブはある?

    操作画面

    マクロは「開発」タブから使用しますが初期設定では非表示になっています。
    「開発」タブがない場合は次の設定を行って下さい。

    1. 「ファイル」タブをクリック。
      エクセル ファイル

    2. 「オプション」をクリック。
      エクセル オプション

    3. 「リボンのユーザー設定」をクリック。
      操作画面

    4. 「メイン タブ」のリストにある「開発」にチェックを入れます。
      操作画面

    5. 「OK」をクリックしてオプションウィンドウを閉じます。
      操作画面

    6. 「開発」タブが表示されました。
      操作画面




    マクロを作ってみよう

    PC が人間の操作を見て記憶してくれるので
    私たちは見本となる操作を普段通りにするだけでOKです。

    1. 例えば、入力済みのこの表を初期化(まっさらに)するマクロを作ります。
      まず、カーソルを外れた場所にテキトーに置いておきます。
      操作画面

    2. 「開発」タブにある「マクロの記録」をクリック。
      操作画面

    3. 「マクロ名」を付けます(例では「format」にしました)。
      「説明」は空欄でもいいですが書いておいた方が分かりやすいです。
      操作画面

    4. 開始位置のセルをクリックしてカーソルを移動させます。
      (この操作が意外と重要なんです、理由は後述します)
      操作画面

    5. セル内容を消します。
      操作画面

    6. 同様に、他のセル内容も消していきます。
      操作画面

    7. 最後のセルだけは、初期値を「0」としました。
      操作画面

    8. 「記録終了」をクリック。
      操作画面

    これでマクロの作成は完了です。




    マクロを使ってみよう

    1. マクロを使って、この表を初期化してみます。
      操作画面

    2. 「開発」タブにある「マクロ」をクリック。
      操作画面

    3. 作ったマクロを選択して、「実行」をクリック。
      操作画面

    4. 初期化されました。
      操作画面

    ■ マクロの最初の動作が上手くいかない場合

    恐らく、開始位置のセルを指定していないことが原因です。

    人間の操作を記憶してくれるのは「マクロの記録」をクリックした後からです。
    つまり、「マクロの記録」をはじめた後にカーソルを開始位置へ移動しないと
    カーソル移動の操作がマクロに記録されません。

    今回の例の場合
    「マクロの記録」をはじめる前からカーソルを開始位置に置いていると
    マクロが最初に記憶する操作は「セル内容の消去」になってしまいます。
    これだと、カーソル位置などお構いなしに消去を行うマクロができてしまいます。

    前項「マクロを作ってみよう」の手順「4」で行った
    開始位置のセルをクリックすること(開始位置の指定)は非常に重要です。
    「マクロの記録」は必ずカーソルを開始位置に移動するところからはじめましょう。




    マクロを実行する「ボタン」を作る

    確かに操作は自動化できたけど
    毎回ウィンドウを開いてマクロを実行するのは面倒くさい…。
    そんな時は、マクロを実行する「ボタン」を作りましょう。

    1. 「開発」タブにある「挿入」→「ボタン(フォーム コントロール)」を選択。
      操作画面

    2. ドラッグをしてボタンを作ります。
      操作画面

    3. 作成したマクロを選択して、「OK」をクリック。
      操作画面

    4. ボタン上で「右クリック」→「テキストの編集」。
      操作画面

    5. ボタンに表示する文字を入力します(例では、「初期化」にしました)。
      文字サイズは普段のエクセルと同じ操作で変更できます。
      操作画面

    6. ボタンの外側を適当にクリックしてテキストの編集を完了します。
      これで、マクロを実行するボタンが完成です。
      操作画面

    7. この表を初期化してみます。
      操作画面

    8. 「初期化」ボタンをクリック。
      操作画面

    9. 初期化されました。
      操作画面




    「xlsm」形式で保存しよう

    操作画面

    エクセル標準の「xlsx」形式ではマクロを使用できません。
    (マクロが無効になってしまいます)

    マクロを含むエクセルファイルを保存するときは
    必ず「ファイルの種類」を「xlsm(マクロ有効ブック)」にしましょう。




    今回の解説は、マクロでも初歩の初歩ですが
    はじめの一歩ができれば応用にも手を出してみようと思えるはず。
    マクロは難しそうだからと敬遠していた人もぜひ使ってみて下さいね。



    【関連記事】

       → エクセル(Excel)で知ってると便利なこと 目次








    このエントリーをはてなブックマークに追加




    管理人だけが読めるコメントにする(返信はしません)
    【お知らせ】
    • コメントは承認制です。反映に時間がかかります。
    • Yahoo!BBはスパムコメントが多いため一部規制中です。
    • URLを含む投稿はできません。必要な場合は最初のhを削って下さい。
    • 記事に直接関係ない個人のトラブルにはお答えできません。
    • Android は使ったことがないので質問を頂いても答えられません。
    • その他詳細はこちら





    記事別の週間アクセス数ランキングです。こちらの記事もぜひ読んでみて下さい。

    2008-2016 知らなきゃ絶対損するPCマル秘ワザ  無断転載禁止

    ブログパーツ