このブログのはてなブックマーク数 このエントリーをはてなブックマークに追加

知らなきゃ絶対損するPCマル秘ワザ

知らなきゃ損するPC情報を分かりやすくメモする個人ブログ。
『月,水,金』の週3回更新!(予定)

このブログ内をキーワードで検索することもできます。
Loading



最新記事
  • Amazon:スマホでPC版サイトを開いたらスマホ版に戻れなくなった (12/02)
  • Windows:アプリの音量が勝手に変更される (11/30)
  • かしこいかわいい新PC「エリーチカ」がやってきた(時々ポンコツ) (11/28)
  • Windows:目的毎,ファイルの種類(拡張子)毎に既定アプリを変更 (11/25)
  • Windows:ヘッドホン(イヤホン)から音が出ないときの対処法 (11/23)
  • 管理人より
    2000万アクセス突破しました。ありがとうございます。

    「山善」製と「広電」製の電気あんかに違いはあるのか?

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    写真


    こんにちは、さち です。

    大寒波が来て異常なまでに寒かった日本。
    暖冬とは何だったのかという厳しい冷え込みは就寝にも牙を向きます。
    足先が冷たくて全然眠れないっ!

    そこで、PCデスク 用に購入した電気あんかを布団に持ち込みます。
    やべーよコレ、めっちゃ暖かい。すぐに眠りに落ちました。
    足先冷たいの我慢しないで最初からこうすればよかった…。

    一度、布団で電気あんかを使ってしまうともう手放せない!
    ということで、「ジェネリック家電」の安い電気あんかをもう1台購入。
    足先が冷たくて眠れない辛さを考えたら安いもんです。




    「ジェネリック家電」とは?

    最近、よく聞くようになった「ジェネリック家電」とは
    「ジェネリック医薬品」の概念を家電に転用した造語で
    機能をシンプルにした代わりに値段が非常に安い家電です。

    ジェネリック家電を製造しているのは
    テレビCM を流すような大きなメーカーでないことが多いですが
    値段が安いので量販店やネットショップにもよく出回っています。

    値段は安くても品質は十分で
    ちょっと欲しい家電を安く手に入れる手段として広がりつつあります。

    今回は、ジェネリック家電として
    「広電(KODEN)」製の「電気あんか」を購入しました。
    2015年度シーズンでは LAY-60HB が最新機種のようですが
    ジェネリック家電の電気あんかに大きな違いはなさそうに思ったので
    あえて型落ちで安くなった CAY-60HB を選びました。




    まえおき

    この記事は、今回購入した「広電」製と
    以前購入した「山善」製の電気あんかの比較がメイン
    です。

    「ジェネリック家電」としての電気あんかの使用感については
    こちらの過去記事の方に詳しく書いてあるので
    興味がある人はこちらも合わせて読んでみて下さい。

       → PC使用中足元が寒いから節電用に電気あんかを買ってみた




    外観

    ホームセンターで購入した「山善」製の電気あんかはビニールだけの簡易梱包でしたが
    「広電」の電気あんかはちゃんと箱で梱包されていました。
    「Lifon」という少し贅沢なシリーズの商品だからでしょうか(でも、値段は高くない)。
    写真

    梱包箱には取っ手まで付いています。面白いです。
    写真

    外観は、色以外「山善」製のものと同じ。
    大きさも、幅22cm×奥行24.5cm×高さ8cm でまったく同じです。
    写真

    コード接合部の作りや、「曲げ禁止」の表示も同じですね。
    写真

    ただし、異なる部分が一つ。表布の肌触りです。
    「広電」の方はマイクロファイバーで柔らかく、指で撫でると跡が残るくらいフカフカ。
    写真

    「Lifon」シリーズのテーマ「少し贅沢」は
    この肌触りの違いとしてあらわれているようです。

    ちなみに、取扱説明書も「山善」製のものとほぼ同じです。
    注意書きのイラストまで同じですからね。
    ここまで同じだと製造元が同じ(OEM)である可能性は高いですね。




    温度調節

    写真

    温度調節についても「山善」製のものと同じ。
    本体側面の凹みにあるダイヤルで無断階調節ができます。

    取扱説明書に記載されている 温度設定,電気代 についても
    「山善」製のものとまったく同じ。非常に安いです。
    強さ,温度,電気代の目安表

    ただ、実際に使ってみると少し違いを感じました。
    記載のとおり性能は「山善」製のものと同じだと思うのですが
    表布がマイクロファイバーで厚い分、温かさの伝わりが少し弱いのです。

    表布の肌触りをよくした結果なので仕方ないのですが
    温かさを最優先にする人は
    Lifon でない通常の「広電」製、または「山善」製を選んだ方が良いです。





    注意点

    写真

    非常に安いせいか電源スイッチがありません
    電気あんかの電源を切るには
    コンセントを抜くなどして直接通電を止めるしかありません。
    この点も「山善」製と同じですね。

    さすがに、毎回コンセントを抜き差しするのは面倒なので
    スイッチ付きの電源タップは必須です。
    (写真は「山善」製のものを購入したときの使い回し)




    まとめ

    結論としては、小さな違いはあるがほぼ同じです。

    今回は、Lifon というシリーズを購入したために
    小さな違いがあったと考えることもできるので
    通常シリーズを購入した場合は完全一致する可能性もあるかも…?




    結局、寒さで眠れない原因の多くは「足先の冷え」なので
    足先だけ温めれば十分なんですよね。

    足を温めると身体も温まるということは
    2年間 PCデスク で電気あんかを使ってきて実感したので
    やはり、布団の寒さ対策でも足元は重要なんだと思います。

    電気あんかなら、暑いときは無意識に足が移動するので
    布団がはだけて目が覚める心配もありません。
    (電気あんか付近の空気はほんのり温かく丁度良い温度)

    大寒波でも寒さ知らずでぐっすり寝られたので
    冷えで寝付きが悪い人はぜひ電気あんかを使ってみて下さい。
    1000~2000円程度で購入でき、電気代も安いので
    足にもお財布にも優しいですよ。




    [広電]電気あんか 山型,平型,ソフトタイプ
    広電(KODEN) リフォン(Lifon) 山型電気あんか 抗菌防臭加工 マイクロファイバー LAY-60HB広電(KODEN) Lifon 山型電気あんか LAY-60HB

    B00F5DTOMM B00F5DTPMQ

    by G-Tools


    [山善]電気あんか 山型,平型,ソフトタイプ
    山善(YAMAZEN) 山型電気あんか YDK-657YD山善(YAMAZEN) 山型電気あんか YDK-657YD

    山善(YAMAZEN) 平型電気あんか YDK-607HD 山善(YAMAZEN) ソフト電気あんか YSK-207D

    by G-Tools



    スイッチ付き延長コード
    B00076YKXKSANWA SUPPLY TAP-B7-1 中間スイッチ付延長コード(1m)
    SANWA SUPPLY TAP-B7-2 中間スイッチ付延長コード(2m)

    サンワサプライ

    by G-Tools









    このエントリーをはてなブックマークに追加




    管理人だけが読めるコメントにする(返信はしません)
    【お知らせ】
    • コメントは承認制です。反映に時間がかかります。
    • Yahoo!BBはスパムコメントが多いため一部規制中です。
    • URLを含む投稿はできません。必要な場合は最初のhを削って下さい。
    • 記事に直接関係ない個人のトラブルにはお答えできません。
    • Android は使ったことがないので質問を頂いても答えられません。
    • その他詳細はこちら





    記事別の週間アクセス数ランキングです。こちらの記事もぜひ読んでみて下さい。

    2008-2016 知らなきゃ絶対損するPCマル秘ワザ  無断転載禁止

    ブログパーツ