このブログのはてなブックマーク数 このエントリーをはてなブックマークに追加

知らなきゃ絶対損するPCマル秘ワザ

知らなきゃ損するPC情報を分かりやすくメモする個人ブログ。
『月,水,金』の週3回更新!(予定)

このブログ内をキーワードで検索することもできます。
Loading



最新記事
  • Amazon:スマホでPC版サイトを開いたらスマホ版に戻れなくなった (12/02)
  • Windows:アプリの音量が勝手に変更される (11/30)
  • かしこいかわいい新PC「エリーチカ」がやってきた(時々ポンコツ) (11/28)
  • Windows:目的毎,ファイルの種類(拡張子)毎に既定アプリを変更 (11/25)
  • Windows:ヘッドホン(イヤホン)から音が出ないときの対処法 (11/23)
  • 管理人より
    2000万アクセス突破しました。ありがとうございます。

    iPhone:まぶしい画面は「明るさ」より「ホワイトポイント」を調節

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    操作画面


    こんにちは、さち です。

    今回は、iPhone の明るい色だけを暗くする方法について
    書いていきます。

    通常は、画面の明るさを変える時は
    「明るさ」のスライダーをいじっていると思います。
    しかし、この方法だとすべての色が同じように暗くなるため
    動画などの暗闇のシーンまで見にくくなることが…。

    そんなときは
    「ホワイトポイントを下げる」方法を使ってみましょう。




    「明るさ」を調節するのと何が違うの?

    ご存知のとおり、液晶自身は光を出しません。
    そのため、液晶の後ろには光るシートが付いていて
    このおかげで液晶が明るく見えます。

    光るシートは「バックライト」と呼ばれていて
    このバックライトの明るさを変更する機能が
    一般的によく使われる「明るさ」の調節なわけです。
    操作画面

    ただ、冒頭でも書いたとおり
    バックライトを暗くすると
    明るい色が暗くなると同時に暗い色はさらに暗くなるので
    動画の暗闇のシーンなどが見にくくなってしまいます。

    しかし、「ホワイトポイントを下げる」方法を使えば
    画像処理によって明るい色の明度を下げられます。
    つまり、バックライトの調節は行わず
    液晶側で明るい色を暗くすることでまぶしさを抑えます。

    この方法なら、暗い色がさらに暗くなることを防ぎつつ
    まぶしい色を暗くすることができます。




    「ホワイトポイントを下げる」ための手順

    1. 「設定」をタップ。
      設定

    2. 「一般」をタップ。
      操作画面

    3. 「アクセシビリティ」をタップ。
      操作画面

    4. 「コントラストを上げる」をタップ。
      操作画面

    5. 「ホワイトポイントを下げる」をオン(緑色)にします。
      操作画面

    これで完了です。

    ホワイトポイントが下がると
    画面全体の明るさのバランスも変わるため
    一緒に、「明るさ」の再調節もしておくとよいかもしれません。








    このエントリーをはてなブックマークに追加




    管理人だけが読めるコメントにする(返信はしません)
    【お知らせ】
    • コメントは承認制です。反映に時間がかかります。
    • Yahoo!BBはスパムコメントが多いため一部規制中です。
    • URLを含む投稿はできません。必要な場合は最初のhを削って下さい。
    • 記事に直接関係ない個人のトラブルにはお答えできません。
    • Android は使ったことがないので質問を頂いても答えられません。
    • その他詳細はこちら





    記事別の週間アクセス数ランキングです。こちらの記事もぜひ読んでみて下さい。

    2008-2016 知らなきゃ絶対損するPCマル秘ワザ  無断転載禁止

    ブログパーツ