このブログのはてなブックマーク数 このエントリーをはてなブックマークに追加

知らなきゃ絶対損するPCマル秘ワザ

知らなきゃ損するPC情報を分かりやすくメモする個人ブログ。
『月,水,金』の週3回更新!(予定)

このブログ内をキーワードで検索することもできます。
Loading



最新記事
  • Amazon:スマホでPC版サイトを開いたらスマホ版に戻れなくなった (12/02)
  • Windows:アプリの音量が勝手に変更される (11/30)
  • かしこいかわいい新PC「エリーチカ」がやってきた(時々ポンコツ) (11/28)
  • Windows:目的毎,ファイルの種類(拡張子)毎に既定アプリを変更 (11/25)
  • Windows:ヘッドホン(イヤホン)から音が出ないときの対処法 (11/23)
  • 管理人より
    2000万アクセス突破しました。ありがとうございます。

    「404 Not Found」などのネットエラー、ちゃんと意味知ってる?

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    イメージ


    こんにちは、さち です。

    ウェブページにアクセスした時に
    「404 Not Found」のようなエラーが出ることありますよね?

    エラーでページを表示できないことは何となく分かる。
    でも、どういう意味かはよく分からない。
    そんな人もいるのでは?

    今回は、ネットでよく見かける4つのエラー
    「404 Not Found」
    「403 Forbidden」
    「503 Service Unavailable」
    「500 Internal Server Error」

    これらの意味をイラストを使いながら確認してみましょう。




    インターネットの仕組み

    イメージ

    普段何気なく見ているウェブサイトは
    「サーバー」と呼ばれるコンピュータの中に保存されています。
    そして、この サーバー と私たちの PC をつなぐのが「インターネット」です。

    ウェブページを見るときは
    PC が サーバー に向けて「このページ見せて」とリクエストを送ります。
    サーバーはそれに反応してページを見せてくれます。

    インターネットの仕組みをざっくり解説するとこんな感じです。
    この仕組みを前提として続きを読んでいって下さい。




    そんなものはない!「404 Not Found」

    イメージ

    「Not Found」は「見つからない」という意味。
    つまり、アクセスした場所に何もないわけです。

    簡単に言うと「そんなページはない!」ということ。

    原因は、存在しないページにアクセスしたことです。
    URL に間違いがないか確認しましょう。

    表示機会が多いエラーなので
    サイトによってはこのエラー専用のページを表示したり
    トップページに飛ばす仕組みになっていることもあります。

    ツイッターの「このページは存在しません。」は
    専用のページを用意している例ですね。




    そこは立入禁止!「403 Forbidden」

    イメージ

    「Forbidden」は「禁止」という意味。
    つまり、アクセスを拒否されたわけです。

    簡単に言うと「関係者以外立入禁止!」ということ。

    原因は、非公開のファイルにアクセスしたことです。
    セキュリティ等の理由で非公開にされているファイルなので
    関係者以外はアクセスできません。




    忙しいから無理!「503 Service Unavailable」

    イメージ

    「Service Unavailable」は「サービス利用不可」という意味。
    つまり、サーバーが対応できない状態なわけです。

    簡単に言うと「今忙しいから無理!」ということ。

    原因は、サイトに大量のアクセスがあったり
    サーバーがメンテナンス中であることです。

    多くの人が殺到してサイトがつながりにくい時に出るのは
    このエラーですね。
    しばらく時間をおいてから再度アクセスしてみましょう。




    サーバーでエラー発生!「500 Internal Server Error」

    イメージ

    「Internal Server Error」は「サーバー内エラー」という意味。
    つまり、サーバーでエラーが起こり処理が中止されたわけです。

    簡単に言うと「サーバーでエラー出たから無理!」ということ。

    原因は、サーバー内で動いているプログラム(CGI)に問題があり
    正常に動作しないことです。
    (サーバーは正常だが、サイトを構成しているファイルに問題がある)
    サイト管理者が修正してくれるのを待つしかありません。




    400番台はユーザー側、500番台はサーバー側が原因

    これまで見てきたエラーには
    それぞれ「404」「503」など番号が付いていましたよね。

    実は番号には意味があり
    「400」番台は、ユーザー側が原因のエラー(クライアントエラー)
    「500」番台は、サーバー側が原因のエラー(サーバーエラー)
    と決まっています。

    つまり、
    400番台なら自分で解決できる可能性があり
    500番台は自分ではどうしようもないということです。

    エラーが出て困っている人に
    「このエラーはサーバー側が原因だね」とサラッと話せば
    「こいつ、できる!」と思わせることができるかも…?




    100, 200, 300番台もありますが、見る機会がまずないので省略します。
    また、400, 500番台は他にも様々なエラーがあります。
    もっと詳しく知りたい人は Wikipedia などを見てみて下さい。

    分かりやすくシンプルにするため説明が大雑把になりましたが
    今後のあなたのインターネットライフに役立てば幸いです。








    このエントリーをはてなブックマークに追加




    管理人だけが読めるコメントにする(返信はしません)
    【お知らせ】
    • コメントは承認制です。反映に時間がかかります。
    • Yahoo!BBはスパムコメントが多いため一部規制中です。
    • URLを含む投稿はできません。必要な場合は最初のhを削って下さい。
    • 記事に直接関係ない個人のトラブルにはお答えできません。
    • Android は使ったことがないので質問を頂いても答えられません。
    • その他詳細はこちら


    今まさにぷりぷりせっとジェネレーターを使ったらInternal Server Errorと出るww\(^o^)/
    名無し | 2015/02/13/Fri [EDIT]
    おぉ、本当ですね!気づいていませんでした。
    修正しました。ご報告ありがとうございました。
    うみの さち | 2015/02/15/Sun [EDIT]



    記事別の週間アクセス数ランキングです。こちらの記事もぜひ読んでみて下さい。

    2008-2016 知らなきゃ絶対損するPCマル秘ワザ  無断転載禁止

    ブログパーツ