このブログのはてなブックマーク数 このエントリーをはてなブックマークに追加

知らなきゃ絶対損するPCマル秘ワザ

知らなきゃ損するPC情報を分かりやすくメモする個人ブログ。
『月,水,金』の週3回更新!(予定)

このブログ内をキーワードで検索することもできます。
Loading



最新記事
  • Windows:スリープ復帰時のパスワード入力をやめる (12/07)
  • Windows:ミス激減!チェックボックスでファイルを複数選択する (12/05)
  • Amazon:スマホでPC版サイトを開いたらスマホ版に戻れなくなった (12/02)
  • Windows:アプリの音量が勝手に変更される (11/30)
  • かしこいかわいい新PC「エリーチカ」がやってきた(時々ポンコツ) (11/28)
  • 管理人より
    2000万アクセス突破しました。ありがとうございます。

    氷長持ち、結露もしない、魔法瓶マグカップすげぇー!

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    イメージ


    こんにちは、さち です。

    先日、ホームセンターをブラブラしていたら
    魔法瓶マグカップなるものを見つけました。

    真空構造で飲み物を保冷するというこのカップ
    存在自体は前から知っていたのですが効果には半信半疑でした。

    ただ、最近は暑さも増し
    PC をしながら冷たい飲み物を飲むことが増えていて
    結露したカップの水滴が PC に落ちないかと心配なんですよね…。

    そこで、思い切って魔法瓶マグカップを買ってみました。

    肝心の効果の方は…
    すみません、正直なめてました。ごめんなさい。
    まさかこんなに効果があるとは思いませんでした。




    真空構造で保冷!魔法瓶マグカップ

    実際のマグカップがこちら。色はライムグリーンです。
    素材は、周囲がステレンス、持ち手がプラスチックです。
    写真

    カップの内側はこんな感じ。こちらも素材はステンレス。
    外側と内側のステンレスの間は真空になっています。
    つまり、水筒やポットで使われている「魔法瓶」の構造と同じ。
    このおかげで飲み物を保冷できるわけです。
    写真

    Amazon でも同じ商品を見つけました。
    ホームセンターには ブラック,ブルー,ライムグリーン しかなかったですが
    暖色系があるならそっちが欲しかったかも…。
    B005GNH9E6
    キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) シーエスプリ
    ダブルステンレスマグカップ280 レッド M-5361



    メーカーサイトを見ると、カラーバリエーションは
    「レッド」「ピンク」「パープル」「ブルー」「ライトブルー」
    「ライムグリーン」「イエロー」「オレンジ」「ブラウン」「ブラック」と10色も!
    写真

    何でホームセンターは暖色系が一つもなかったのよ!?
    激おこスティックファイナリアリティぷんぷんドリームだよ!!!

    …さて、悔やんでも仕方ないので気を取り直します。

    これだけのカラーバリエーションがあれば
    家族で使う場合も誰のカップか色で見分けがつきますね。

    私は 280ml のものを買いましたが 350ml タイプもあります。
    (一般的なマグカップの容量は 200~250ml 程度)
    飲み物をよくおかわりする人は大きい方がいいかも。

    ちなみに、カップに付いているロゴはシールです。
    私は無地の方がいいので開封時にはがしてしまいました。




    保冷効果バツグン!水滴も付かない!

    この魔法瓶マグカップ、実際どのくらい効果があるのでしょう?
    気になったので簡単な実験をしてみます。

    1. 魔法瓶マグカップ と 普通のマグカップ。
      この2つに同じ量の麦茶と氷を入れ、下に紙を敷きます。
      このまましばらく置いて様子を見てみましょう。
      (この日の室温は約26度)
      写真

    2. 10分経過。
      普通のマグカップ はもう水滴が付きはじめました。
      魔法瓶マグカップ には水滴は見られません。
      写真

    3. 30分経過。
      普通のマグカップ は底に溜まるほどの大量の水滴が…。
      魔法瓶マグカップ はまだ一滴も水滴がありません。
      写真

    4. 40分経過。氷の解け方に明らかな違いが。
      普通のマグカップ は氷がかなり解けてきました。
      魔法瓶マグカップ はたっぷりと氷が残っています。
      写真

    5. 50分経過。
      普通のマグカップ の氷はいよいよ残りわずか。
      魔法瓶マグカップ はまだまだ余裕です。
      写真

    6. 60分経過。
      普通のマグカップ は氷がほぼ消失。
      魔法瓶マグカップ はしっかりと氷が残っています。
      写真

    7. 結露にも大きな差が出ました。
      普通のマグカップ は大量の水滴が付きましたが
      魔法瓶マグカップ は一滴も水滴が付きませんでした。
      写真

    結果は、魔法瓶マグカップの圧勝!

    実験終了後、麦茶はすべて美味しく頂きました。
    魔法瓶マグカップは、60分経ってもキンキンに冷えていて
    冷蔵庫から出したばかりと言われても信じてしまうくらいでした。

    いやぁ、ここまで差が出るんですね。
    魔法瓶の水筒の保冷性を考えれば当然なのかもしれませんが
    普通のマグカップよりマシ程度かなと予想していたので
    バツグンの効果に驚きです。

    やるじゃん、魔法瓶マグカップ。




    その他の特徴

    マグカップにはパッキン式のフタも付属しています。
    このフタを付けることで保冷効果をさらに高められます。
    写真

    フタには飲み口が付いており開閉できるようになっています。
    写真

    フタをカップに取り付けるとこんな感じ。
    フタが少し凹んでいるので
    「鼻がフタに当たって飲みにくい!」なんてことは起きません。
    写真

    冷たい飲み物は
    氷を入れられる,冷たい物は下に溜まるという点で
    フタなしでも保冷効果は十分にあります。

    ただ、これを逆に考えると
    温かい飲み物は保温効果が出にくくなるということ。
    ホットの場合はフタを使った方が良さそうです。

    フタは冬用と思ってよいですが
    夏であってもホコリ避けに使うのはありだと思います。

    ちなみに、マグカップの底はラバー素材なので
    かなりしっかりとテーブルにグリップしてくれます。
    写真




    少し気になった点

    飲み口のプラスチック(黒い部分)が
    普通のマグカップより厚みがあり少し飲みにくさを感じます。
    そのせいで、飲む際に微妙に飲み物をこぼしてしまうことがあります。
    厚みに慣れるとこぼすことは無くなりますが最初は注意が必要です。

    また、飲み口のプラスチック(黒い部分)と
    内側ステンレスの継ぎ目には汚れが溜まりやすいです。
    洗う際はこの隙間(すきま)をしっかり洗いましょう。

    下記のような他社製の魔法瓶マグカップには
    飲み口の厚みが薄く、継ぎ目がないものがあるので
    気になる人はそちらを選んだ方がいいかもしれません。
    次に買い換える時は私も気を付けたいと思う点です。
    B001CF8A1I
    アクティブマグ 250ml ATK-250
    アクティブマグ 350ml ATK-350
    アクティブマグ 450ml AKT-450




    まとめ

    機能面は、保冷効果バツグンで非常に満足です。

    特に結露をしないのは PC をしながら飲むときに重宝します。
    水滴が PC に落ちたりしたら大変ですからね。

    同じ構造の「タンブラー」は実店舗でも多く見かけますが
    持ち手がないと持つときに不安定でこぼしやすいという点で
    PC をしながら飲むには不向き。

    やはり、PCブログの運営者としては「マグカップ」型を推します。
    冬に温かいコーヒー,紅茶 を飲む時にも使えますからね。

    価格は1,000~2,000円程度が相場のようです。
    普通のマグカップに比べると少し高いですが
    機能面を考えれば出す価値は十分にあると思います。

    【追記】
    冬の温かい飲み物の保温性についても感想を書いたので
    こちらの記事もぜひ合わせてどうぞ。




    キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) シーエスプリ ダブルステンレスマグカップ280 レッド M-5361シーエスプリ ダブルステンレスマグカップ 280ml レッド M-5361
    シーエスプリ ダブルステンレスマグカップ 350ml レッド M-5374

    by G-Tools

    アクティブマグ 250ml ATK-250アクティブマグ 250ml ATK-250
    アクティブマグ 350ml ATK-350
    アクティブマグ 450ml AKT-450

    by G-Tools









    このエントリーをはてなブックマークに追加




    管理人だけが読めるコメントにする(返信はしません)
    【お知らせ】
    • コメントは承認制です。反映に時間がかかります。
    • Yahoo!BBはスパムコメントが多いため一部規制中です。
    • URLを含む投稿はできません。必要な場合は最初のhを削って下さい。
    • 記事に直接関係ない個人のトラブルにはお答えできません。
    • Android は使ったことがないので質問を頂いても答えられません。
    • その他詳細はこちら


    おお!
    前から気になっていたんだけど この記事を読んだらいよいよ欲しくなってきちゃった。
    ふたの一部が開いて飲めるのは面白いけど密閉性はどうなのかな?
    ひっくり返してもこぼれない…というのを求めるなら水筒にすべきだろうけど…。

    保温でなければ100円でも買えちゃうカップごときに1000円以上出すのも抵抗有ったけど、+αの性能やら仕掛けやらあると物欲が刺激されちゃうなぁ。
    こんどホームセンターに行ったときにもっとよく見てみようと思う。
    おっさ | 2014/06/20/Fri [EDIT]
    >>おっささん
    フタの密閉性はそこまでないですね。
    フタを閉めた状態でも飲み口のすき間から中身が出ます。

    フタをしていない状態よりはだいぶマシですが
    こぼれないという状態からはほど遠いです。

    あくまで保温性向上のためのフタのようです。
    うみの さち | 2014/06/20/Fri [EDIT]



    記事別の週間アクセス数ランキングです。こちらの記事もぜひ読んでみて下さい。

    2008-2016 知らなきゃ絶対損するPCマル秘ワザ  無断転載禁止

    ブログパーツ